無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第46話

存在
何とか一日を過ごした




キツかった、結構……





ちむの存在偉大だわ……
放課後、教室を横切ったとき




ヨンジェ
ヨンジェ
ジミンが邪魔なんだよな……
クラスの女子
そうだね……
ヨンジェ
ヨンジェ
ジミンを離れさせるために……
ヨンジェ
ヨンジェ
あ、てかジミンもいじめちゃえば良くね?
ヨンジェ
ヨンジェ
あいつ結構メンタル弱いらしーよ笑笑
ヨンジェ
ヨンジェ
あなたより先に潰れる
クラスの女子
いいね
は……?



何がいいねだよ





なんでちむをいじめるの?
ヨンジェ
ヨンジェ
じゃ、明日からあなたやめてジミンね笑
ヨンジェ
ヨンジェ
一旦休戦しとこ
You
You
あんたら何言ってんの?
ヨンジェ
ヨンジェ
は、なんであなたちゃんが……
You
You
ちむを巻き込むのだけはやめてよ
ヨンジェ
ヨンジェ
私ね、あなたちゃんにすごい不幸になってほしくてさ
You
You
……は?
ヨンジェ
ヨンジェ
だから次は、ジミンの番
ヨンジェ
ヨンジェ
そうしたら次はジョングク……
ヨンジェ
ヨンジェ
いっ……
You
You
人を不幸にするために、他人巻き込むとか
You
You
そういうことしたら、本気で許さない
You
You
グクにまで手出したら、容赦しないから
ヨンジェ
ヨンジェ
何……この前の仕返し?笑
テヒョン
テヒョン
ヨンジェ、帰るんじゃないのかよ
ヨンジェ
ヨンジェ
あ、ごめんね……今行く!!
みんな去っていくと


全身の力が抜けた









悲しかった





悔しかった



私が関わってるだけで






周りの大切な人達が





危険なことが



望んでもない涙が出て



私の存在って、何なんだろ……
ジョングク
ジョングク
ヌナ、これ使って
You
You
じょんぐく……ありがとう
ジョングク
ジョングク
ごめんね、僕には何もできなくて
ジョングク
ジョングク
力になれるなら、なるから
You
You
じょんぐく、ありがとう
You
You
帰ろう