無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第81話

be shortened
ジミナは救急車に運ばれた。







一緒に同行して付いていくと、医者に呼ばれた。
医者
いいですか。
医者
ジミンさんは……いつ死んでもおかしくないです。
数値が異常です。
You
You
……



悔しくて、唇を強く噛むしかなかった。
You
You
まだあと2ヶ月……
医者
白血病は、突然悪くなることがあります。とにかく、いつ死んでも、おかしくないです。
You
You
……ありがとう、ございます。








病室のドアを開くと、色んな管に繋がれたジミナが、いた。









テヒョナの姿と重なる。


















テヒョン
テヒョン
あなた!ジミナは……


そう言ってグクと走ってきたテヒョナ。















テヒョナはもう泣いていた。
テヒョン
テヒョン
ジミナ……
You
You
もう、死んでもおかしくないって……
ジョングク
ジョングク
危篤……ですね
テヒョン
テヒョン
ジミナのバカ、どこまで行っても、端から端までバカだよ!あなた置いて死ぬのかよ!?ふざけんなよ!お前にしか守れねぇんだよ!俺とパリ行く約束は?ねぇジミナ!
ジミン
ジミン
……うる、さいなあテヒョナ……
ジョングク
ジョングク
ヒョン!
ジミン
ジミン
まだ、あなたは離さないって……
ジミン
ジミン
疲れるから、寝てるだけ。
You
You
ジミナ……
ジミン
ジミン
ごめんねあなた。大丈夫、大丈夫だよ。
You
You
うん、大丈夫なんだね。わかったよ。一緒にいるからね。
テヒョン
テヒョン
ジミナあ……
ジミン
ジミン
もう泣くなよ笑 勝手に死なねぇよ、パリ行こうな、グガとあなたも連れてこうな
テヒョン
テヒョン
うん、連れてくよ、エッフェル塔で写真撮るんだもんね。知ってるよ。
ジミン
ジミン
ああ……ごめん、寝かせて……
ジョングク
ジョングク
ヒョン……
医者
面会時間、終わるので、
You
You
……すみません












家までは、テヒョナが送ってくれた。
テヒョン
テヒョン
あなた……辛いよ。
You
You
私も……
テヒョン
テヒョン
毎日、学校休んででも、行ってやろ。
You
You
もちろん笑ワルだもんね笑
テヒョン
テヒョン
うん!笑








それから毎日、学校を休んで面会時間の最初から最後までいた。








最初のころは起きてくれてたけど、眠っていることも多くなった。










私たちは、自分たちの卒業式が終わったあとも、向かうことにした。
You
You
先生
校長先生
何でしょうか
You
You
その卒業証書、私たちの手で渡したいです
校長先生
なぜ?
テヒョン
テヒョン
大切な親友が、親友が……
校長先生
……分かりました。卒業おめでとうと、ジミンくんに伝えておいてください。2人とも、卒業おめでとう。
You
You
……ありがとうございます。お元気で。
テヒョン
テヒョン
ありがとうございました。




校門で待っていたグクが声をかける。
ジョングク
ジョングク
……行きましょうか
You
You
うん
テヒョン
テヒョン
ジミナに会いたいなぁ〜🎵
ジョングク
ジョングク
テヒョニヒョンそこ電信柱、
You
You
遅かったね笑



頭を抑えてうずくまるテヒョナに思わず吹き出す。












なんだか、変な感じだ。





ジミナ待っててね。今から行くよ。









早く退院しなよ。








私はもう結婚できる歳ですよ!









ジミナ……早く目を開けてください。








あなたの糸目が、怒る顔が、全部全部、見てみたい。












早く起きてね。ジミナ。