無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第69話







寄ってきなよ




そういったオッパの一言でテヒョンは今家にいる










お菓子を食べてゲームをして、







だんだんオッパが一人で独占し始めたので放っておいて私の部屋で勉強することにする










クラスメイトの他愛ない話をしながら




笑いあって





久しぶりに楽しかった











ジミナとヨンジェちゃんの話には極力触れないように気をつけながら










テヒョン
テヒョン
……ジミナとはどう?





ちょっとおい私が触れないようにしてた話題、それ。
You
You
上手くいってるよ
テヒョン
テヒョン
そっか、よかった
You
You
テヒョン、ほんとごめん
テヒョン
テヒョン
謝るのやめてよ……辛いよ
You
You
……ごめん
テヒョンはなぜかゆっくり私の手を握って







ベットに押し倒してきた








抵抗しようと考える隙もなく







テヒョンの悲しそうに揺れてる瞳がとても引っかかった。
テヒョン
テヒョン
嫌だ……?
You
You
……







テヒョンはゆっくり近づいて、今度こそ私は少し抵抗したが












テヒョンと口が重なった














テヒョンはゆっくり口を離したあと、








泣き出した
テヒョン
テヒョン
ごめん、ごめんなさい……ごめんね
You
You
テヒョ……
テヒョン
テヒョン
今日は帰る










涙をたくさん流しながら









テヒョンは帰って言った











背中はとても小さくて










助けを求めているように見えた