無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

作戦
まずは外に出てしばらく待ってて、それだけ。
テヒョンはそう言うと、大丈夫と言って笑った




はい……?それだけですか……?




と思いつつ従う。




今はテヒョンしか頼れない。
You
You
💭……怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い
しばらく待っていると、電柱にいた人が近づいて来た





You
You
💭は、待って待って待って待って
You
You
💭テヒョンンンンンンン!!!!
お話が出来そうな距離まで来るのが見える




思いっきり俯いてるから誰かは見えない、けど……




怖いほんとに、怖い
テヒョン
テヒョン
ごめんね、待たせて
You
You
テヒョン……!
テヒョン
テヒョン
暗くて怖かったでしょ?よしよし
You
You
や、やめ……
テヒョン
テヒョン
ん?この人知り合いなのー?
You
You
え、あっ……
You
You
え?
ソヒョンさん
ソヒョンさん
こんばんは、あなたちゃん
You
You
そ、ソヒョン……さんがどうしてここに……?
テヒョン
テヒョン
💭あー……だからバイト嫌だったんだよな……