無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第77話

Again
『別れよ』








そんなこと聞きたくない











違う








私が欲しい言葉はそんなんじゃない
You
You
そうやって、突き放すの?
You
You
一緒にいて、離れたくなくて、辛くなる。これから。でも、そんなのどうでもいい、一緒にいないともう会えないじゃん
You
You
私が欲しいのは別れよなんかじゃない
You
You
一緒にいてくれない?じゃないと嫌だ
ジミナは私の頬をなぞると、
ジミン
ジミン
そういうとこ、マジで大好き
ジミン
ジミン
ごめん、また弱気笑
ジミン
ジミン
一緒にいよう。
ジミン
ジミン
愛してる
You
You
当たり前だバカ、このあんぽんたん
ジミン
ジミン
なんだとヤンキーあなた
ジミン
ジミン
ついでに結婚しよ
ジミン
ジミン
子供も産んで家族になろ
ジミン
ジミン
家はめっちゃ広いやつ。グガとテヒョナ呼んで、ジニヒョンも呼んで、みんなでホームパーティ
You
You
うん、ジミナは鼻からスパゲッティ食べた後に、シュークリームのロシアンルーレット
ジミン
ジミン
あなたは可愛いパーティドレス着て…………待って今ひどいこと言わなかった?
You
You
とっても幸せな事言った、
ジミン
ジミン
いや言ってない




私たちは大爆笑する。



















ジミナが突然泣き出して、私に抱きつき泣きじゃくった。






ジミン
ジミン
僕これでも、1週間は泣かないで我慢したんだから、ね……今だけは、いいよね笑
You
You
無理に笑わないこと。さあ泣きなさい、鼻水だらけにしても怒らない



それからジミナは3時間ほど泣き続けました。

突然鼻水まみれの顔を上げ、くしゃみをした時には、さすがにキレた。














その夜は








ジミナが
ジミン
ジミン
あなたの初めてもらってもいい?




ってめちゃくちゃイケメンに言われたもんで……









奪われました。初めて(小声)
ジミン
ジミン
どちゃくそ昨日のあなた最高死ねる
You
You
あーはいはい



腰に初めて走る鋭い痛みに顔を歪ませる。
You
You
ぃっ……
ジミン
ジミン
世界で一番幸せな腰痛
You
You
何……言ってんの
ジミン
ジミン
痛む?


思いっきり首を振る。痛い。かなり。なんだこれ。
ジミン
ジミン
あーよしよし可愛いねぇ
You
You
まあ、いいや……
ジミン
ジミン
テヒョナ
You
You
お見舞い……行こうか
ジミン
ジミン
うん