無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第40話

ジミン
ジミン
じゃあ、ここまでで大丈夫だね
You
You
うん、ありがとう
You
You
また明日ね
ジミン
ジミン
バイバイ
家の近くまで送って貰う





家の玄関まで歩くと、



テヒョンがいた
テヒョンは私に気づくと



急いで中に入ろうとした
You
You
待ってよ!
You
You
私、気付いたけど、私たち、よく話し合いもしてないよ
テヒョン
テヒョン
……?
You
You
お互い、わけも分からず距離を取ってる
You
You
話し合おうよ……
テヒョンはゆっくり私に近づいて







テヒョン
テヒョン
ごめんねあなた……
テヒョン
テヒョン
大好き……でも、ごめんね……
テヒョン
テヒョン
もう話しかけないで……ずっと一緒にいたくなるじゃん……
You
You
何言ってんの……?
そう言って抱きしめてきた
You
You
ねぇテヒョン、どうして泣いてるの……?
テヒョン
テヒョン
ごめんね……
You
You
テヒョン、ひとつ言わせて欲しい
You
You
本気で辛いなら、頼る人のなかに、私も入れておいてほしい
You
You
テヒョンに言われたこと、まだ許してないけど、
You
You
まだ怒ってるけど、私は
You
You
本気で困って苦しんでるテヒョンを見過ごせないよ
テヒョン
テヒョン
……あなた、
テヒョン
テヒョン
ありがとう



テヒョンは戻っていった





久しぶりに、テヒョンの声で名前を呼んでもらった







テヒョン……






ほんとうに、何があったの……