無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第86話

6 years later
ユンギさん
ユンギさん
急げ、間に合わねぇぞ
You
You
はいっ!!



長い廊下を走る。途中途中で出会う看護師にぶつかりそうになるのを謝りながら、必死に走る。
ジョングク
ジョングク
遅いですあなたさん、ユンギヒョン
You
You
ごめん笑
ユンギさん
ユンギさん
すぐ始めんぞ



私は、無事、念願の医者になれました。






ユンギさんとグクも同じ病院で働くことになるとは驚いたけど笑






楽しいです。














オペを終えると、ユンギさんが手袋を外しながら言ってくる。






ユンギさん
ユンギさん
今日は早く上がれ
You
You
……え、
ユンギさん
ユンギさん
ジミンの命日なんだろ?
You
You
ありがとうございます!あ、でもグク……
ジョングク
ジョングク
朝行ったので、大丈夫です
You
You
なーるほど、了解









ジミナ。上手く笑えてる私?






上手く笑うっておかしいな笑







素直に面白いって思った時、笑えるよ。






気づいたの。





前なんてむかなくていいんだよ。





私が向いてる方を前っていうんだもん。





ちょっと休んでもいいんだよ。






ジミナ……聞いてよ、いや、毎年のように言ってるけどキリないな。
テヒョン
テヒョン
あなた
You
You
テヒョナ、


花を持ったテヒョンが私を見て笑う。
テヒョン
テヒョン
ジミナおはようさん
You
You
この時期に水は冷たかろう……



3月の始まりだと言うのに、お墓に水をかけるテヒョナ。
テヒョン
テヒョン
ジミナも僕にやってきたことある笑
You
You
ああ、んじゃいいか
テヒョン
テヒョン
おい笑


テヒョナはお花をさしながら、
テヒョン
テヒョン
しかと聞けよジミナ
テヒョン
テヒョン
お前が死んでから6年、ようやっとあなたにプロポーズしたんだぞ
You
You
ジミナ……なんかごめん……?
テヒョン
テヒョン
幸せになれってあんだけ手紙に書いてあるから大丈夫
You
You
ジミナ……あのね。昨日診察してもらったら、私、妊娠してた。
テヒョン
テヒョン
うん……うううんんんん??はああ?え?聞いてないよ?
You
You
今聞いたじゃん?
テヒョン
テヒョン
えええ?何それ?パパになっちゃうの?パパ?え?
You
You
ジミナ。幸せになれた。自慢話ならするから。沢山羨ましがって笑
テヒョン
テヒョン
そーだそーだ!!先に死んだことを悔いろ!
You
You
テヒョナはもう笑 とにかく、ジミナ。ありがとう。私の月は、もう満月のまま動かない。
テヒョン
テヒョン
……うん。大好きだよジミナ。


2人で子供の名前についてあーでもないこーでもないと言い合っていると、



『よかったあ笑』



と笑うジミナの声が聞こえた。






テヒョン
テヒョン
……あなた?
You
You
……うん。
テヒョン
テヒョン
お化け?
You
You
ちゃうわ笑ジミナでしょ。安心したんだよ。
テヒョン
テヒョン
ジミナあああああぁぁぁ愛してるぞぉぉおおお



すれ違う人がテヒョナを変な目で見ているのでぶっ叩く。
You
You
何やってんのバカ













そんな日常に、ふとおかしくなって微笑む。








ありがとう。ずっとずっと愛してる。もちろん!浮気じゃないよ!!





テヒョナ。グク。ジミナ。ありがと。



















もう迷わない。





















こいつのせいで彼氏出来なかったのに、






こいつがいたから幸せになれました。










こいつのせいで不幸になれません。





ずっとずっとこいつといると幸せしかありません。





ずっと。永遠に。










END














✄--------------✄

ここまで読んでくださった読者ニム、ありがとうございました。




感想など聞きたいです!




更新中の作品もあるので是非見てください!