無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

もっともっと
ヨンジェ
ヨンジェ
ヒック……テヒョン、もう私嫌だよ……
どうして泣いてるの……?



テヒョン
テヒョン
ごめん、俺もそこにいればよかった
You
You
……え、ヨンジェちゃん……
ヨンジェ
ヨンジェ
あなたちゃんごめん、私、あなたちゃんが怖い



「サイテーじゃん」

「いくら嫌いでもね……」

「あなたちゃん飾らなくて可愛いから好きだったのに…」

「性格悪いね」
You
You
……どういうこと、なの?
テヒョン
テヒョン
ヨンジェの髪切ったのはあなただろ
You
You
…………は?
ヨンジェ
ヨンジェ
私、お母さんにずっと伸ばしてなさいって言われたのに……
ヨンジェ
ヨンジェ
長い方が良かったのに……
You
You
え、何言ってんの?
テヒョン
テヒョン
……もう、いいよ
You
You
……なにそれ
テヒョン
テヒョン
ヨンジェ、行こ
ヨンジェ
ヨンジェ
テヒョン……泣いてもいいかな……
テヒョン
テヒョン
ごめん……もう離さないから
2人が教室を出ていくと


クラスメイトが


「サイテーじゃん、ごめんもう嫌い」


とか言って悪口を言ってきた
You
You
……は
You
You
私が髪を切ったって証拠はどこにあんの?
You
You
いいやもう私だって無理だよこんなの
You
You
1人の言うこと簡単に信じてさ
You
You
マジでありえない
帰る準備をして、教室を出ようとすると
ジミン
ジミン
待ってよ
You
You
離してくれる
ジミン
ジミン
怒らないで、落ち着いて
You
You
無理に決まってんじゃん
You
You
私、帰る
ジミン
ジミン
……じゃぁ僕も



まあ……いいや






2人で黙って階段をさがる途中




ヨンジェちゃんが泣きながらテヒョンに抱きついていた




なんだかその姿を見ると




ひどくイラついた









前は
何も感じなかったのに