無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第34話

ふりょうだー
黙って道を歩いていると
ジミン
ジミン
まさかそのまま帰るつもり?
You
You
そうだけどなに
ジミン
ジミン
ね、お店とか行かない?楽しそう!!
You
You
楽しむためにサボったんじゃないんだけど
ジミン
ジミン
あなた、
ジミン
ジミン
一人でいてもイライラ増すだけだよ
ジミン
ジミン
僕と一緒に楽しも?今だけでもいいから
You
You
……わかった、いいよ
それから一緒に映画を見た


それからゲームセンターで競い合ったり


一緒にお昼も食べた
You
You
ちむやっぱゲーム弱いね
ジミン
ジミン
僕は昔からねㅋㅋ
You
You
最後どこいこうかー
ジミン
ジミン
プラネタリウム!!!
You
You
はㅋㅋㅋㅋ
You
You
めちゃくちゃウケる笑笑笑
ジミン
ジミン
嫌なの?
You
You
違うㅋㅋいいよ、行こうかㅋㅋ


プラネタリウムの綺麗な星を見ているとき



ちむが手を握ってきた
You
You
何すんだよ(小声)
ジミン
ジミン
何となく!!!!!(小声)
何となくってなに笑




まあいいや




楽しかったし



帰り道で
ジミン
ジミン
今日はごめん
突然そう謝ってきた
You
You
何で謝るの?
ジミン
ジミン
助けられなかった、その場で
You
You
……全然いいよ
You
You
もうきにしてない
ジミン
ジミン
……嘘、でしょ?
You
You
あたりまえじゃん、髪を切る需要どこにあんの
ジミン
ジミン
あはは笑笑笑確かにね笑笑
You
You
でしょㅋㅋ
ジミン
ジミン
明日からも、学校来てね
You
You
……うん、まあ、いいけど
ジミン
ジミン
やった!!




次の日学校に来たはいいんですけど





案の定、先生にどちゃくそ叱られた





わたくし成績いいから関係ねぇけどな⭐⭐←



でもまあ反省文はさすがに書かされた