無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

うん?
You
You
……っ!!
はい、聞き覚えのない声、








きむてひょんさんでした。
テヒョン
テヒョン
なんで泣いてんの
やけに塩なテヒョンさん。



どこからその声出してるんですか……?
テヒョン
テヒョン
何かあったんでしょ
テヒョン
テヒョン
話して
You
You
テヒョン、助けて……
You
You
外に、ストーカーがいるの……
You
You
誰かわからないけどね、つけられてるんだと思う……
テヒョン
テヒョン
泣かないで、俺がいるから、もう大丈夫
テヒョンに抱きしめられる。


誰かわからないくらいいつもと違うけど、


すごく安心した。
テヒョン
テヒョン
あなた、今から言うこと、聞いてくれない?
You
You
わ、わかった