無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第50話

1つ
ジミン
ジミン
1つ言わせて
You
You
……なに?
ジミン
ジミン
あのね、僕はさ
You
You
うん
ジミン
ジミン
あなたが大好きだよ
You
You
あ、ありがとう
ジミン
ジミン
……わかってないでしょ笑
You
You
え、わかったつもりではある
ジミン
ジミン
あなた、目をつぶって
You
You
わかった……


頬に触れるだけの軽いキスが落とされた。



ジミン
ジミン
こういう意味の
ジミン
ジミン
好きだよ
You
You
そういう意味のか……
ジミン
ジミン
あなたのこと、ずっとずっと守るから
ジミン
ジミン
僕と付き合って?


私は




ジミンのことが好きなのか?





確かに、
ジミンが休みの時、辛かった


悲しかった



はやくジミンに会いたいと思った





いつも一緒にいて助けてくれたのは



ジミンだった



それでも、好きなのかはわからない












でも




頬にキスされた時















嬉しかった
You
You
私は多分さ
You
You
ジミナのことがもう好きだと思う