無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

なんだよキムテヒョン
それは体育の時間でした。



体育苦手すぎた私は、



ハードルで盛大に転びました。
テヒョン
テヒョン
あ!!!あなた!!!!
You
You
ってぇ……
ジミン
ジミン
立てる??
You
You
……ちょ、無理かも
テヒョン
テヒョン
せんせぇ!!あなた持っていきます!!!
痛てぇマジで




立てない……



するとテヒョンがひょいと持ち上げて




保健室へ運んでいった。
テヒョン
テヒョン
……あなたのバカ、もう……
テヒョン顔整ってんなー……



性格で全部台無しになってんぞテヒョン……
↑↑↑
おい
テヒョン
テヒョン
保健室の先生呼んでくるから、ここ座ってて
You
You
あ、うん
なんだよキムテヒョン





イケメンかよ





そんなの認めねぇぞ←え