無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

90
2020/10/24

第5話

電話
黒曜
黒曜
なんだ?
ケイ
ケイ
黒曜か?今のスターレスのことなんだが
黒曜
黒曜
あぁ。スターレスなら無事だ。イベントも無事終了した。
ケイ
ケイ
感謝する。
黒曜
黒曜
ケイ
ケイ
ケイ
なんだ?
黒曜
黒曜
今、どこだ?
ケイ
ケイ
実家だが?
黒曜
黒曜
なら、良い。話がある。
ケイ
ケイ
なんだ?早く済ませろ。
黒曜
黒曜
義理の弟をおいてスターレスに来たって本当か?
ケイ
ケイ
…………何故知っている?
黒曜
黒曜
今日、スターレスに来たんだ。
ケイに会いに来たと
ケイ
ケイ
………
黒曜
黒曜
その時、体には縛られた跡、殴られた跡、切られた跡があった。これはどういうことだ?
ケイ
ケイ
……………すべて姉のせいだ。
黒曜
黒曜
だからって弟を置いてくることは出来ねぇだろ。
ケイ
ケイ
……貴様には関係ないことだ。
黒曜
黒曜
そうかもな。でも、本人から助けてくれって頼まれたんだが?
ケイ
ケイ
…………勝手なことを…
黒曜
黒曜
お前がそこまで最低な奴だとはな。


ドサッ
黒曜
黒曜
っ!あなた!!どうした?!おい!起きろ!!
ケイ
ケイ
黒曜!どうした?!
黒曜
黒曜
悪い。一旦切る。
ケイ
ケイ
おい!
ブツッ
あなた

ゲホッ……はぁはぁ……ゲホッ…ゲホッ

黒曜
黒曜
晶!救急車呼べ!
晶
わかった!
あなたは咳を止めることができず、ずっと倒れたままだった。


あなたは病院へ行き薬を貰い帰ってきた。
プルルルルル
黒曜
黒曜
またか
なんだ?
ケイ
ケイ
あなたは?どうしたんだ?!
黒曜
黒曜
咳が止められず、彫っておけば命に関わってたと。
ケイ
ケイ
あなたは居るか?
黒曜
黒曜
あぁ。でも、もう寝ている。
ケイ
ケイ
今日は元気そうだったか?
黒曜
黒曜
まぁ、熱は出た。
ケイ
ケイ
何度だ?
黒曜
黒曜
39'0度だ。
ケイ
ケイ
そうか……
黒曜
黒曜
聞きたい事があるんだが
ケイ
ケイ
なんだ?
黒曜
黒曜
あなたは熱を出したときいつもどうしてるんだ?
ケイ
ケイ
俺がほぼ看病をしてたんだが、仕事が山積みになってしまい面倒を見ることすらできなかった。
黒曜
黒曜
そうだったのか。
お前が日本に来たらあなたを褒めてやってくれ。姉に暴力を降られても、泣かなかったらしいからな。頑張ったんだ。
ケイ
ケイ
あぁ。早く日本に帰りたいな。
黒曜
黒曜
仕事頑張れよ。
ケイ
ケイ
あぁ。ありがとう。
そう言って黒曜は電話を切った。


ケイのはじめての“ありがとう”が心に響いたのか微笑んだ。
晶
よかったな。
黒曜
黒曜
そうだな。
晶
じゃあ、飲もう!
黒曜
黒曜
あんまり大声出すなよ。あなた
寝てんだから。
晶
わかってるわかってる!