無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

俺の事好き?(だてなべ)
⚠︎まだ、付き合ってません
渡辺side
最近、いや1年近く


2人で飲んだり、喋ったりしていない



みんなの前だと、甘えたいけど甘えられない…



今更、ベタベタしたりしても涼太は困るはずだ



そんなこんなで、うじうじしていたら



3か月前、涼太に彼女が出来た



俺はショックで毎晩泣いていた



ある日、珍しく涼太が遅刻してきた


ふっかが「どうしたの?」と聞いたところ



涼太「彼女とちょっとね…」



その言葉を聞いた時



少し悲しい半分、嬉しい気持ちもあった







ピンポーン
渡辺
はーい!
こんな時間に誰だろ?


ガチャ
深澤
よっ!
渡辺
えっどうし…涼太
深澤
今日飲みに行ったら、めっちゃ飲んじゃって
渡辺
で…なんで俺ん家?
深澤
舘さん家の場所忘れちったw
渡辺
アホなの?バカなの?どっちなの?
深澤
どちらでもないですwって事でよろしく~・*・:≡( ⊿:)
渡辺
っ!おい!ふっか!
しょうがないか…


俺は涼太をベッドまで運んだ
寝室…
涼太と二人きりなんて久しぶりだな…


この時の俺の心の中には、


『彼女の上書きをしたい』←(語彙力

『彼女を忘れて欲しい』

『涼太を俺のものにしたい』


それだけだった…