無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

俺の事好き?(だてなべ)
渡辺side


俺は、涼太の腕を縛り

ネクタイで目を隠した


すると…
宮舘
んっ…
宮舘
ここどk…なにこれ…
俺は、少し声を変えて(ちょこっとね)
渡辺
涼太…
宮舘
だっれ?
渡辺
…誰なんだろうね
宮舘
渡辺
好きだよ…チュ
俺は涼太の分厚い唇にキスをした…


舌を絡めどんどん濃厚になっていく…
宮舘
んッふぁ…
渡辺
クチュ…んッ///ふぁ…ん
唇を離した後、涼太の下を脱がす
カチャカチャ←ベルトの音


そして涼太のモノを口に咥える
宮舘
んッ//アッ
渡辺
《グチュグチュレロピチャ》
宮舘
アッふぁ//んッぁ
渡辺
ひもちい?///(気持ちい?)
宮舘
アッんッ…イクッ
渡辺
ダメだよ、イクなら俺の中にね
手の縄をほどき…
俺は涼太の上にまたがり


自分の下の穴に入れた
《ズブッ》
渡辺
んっあっ///はぁん//…んァッ
《ズンズンジュブジュブズンズン》
渡辺
りょった…///んぁっ気持っちい?///
宮舘
んッ///気持ちいよ…
宮舘
"翔太"
渡辺
ふぇ///?
宮舘
この声、翔太でしょ?
渡辺
宮舘
ねぇ、翔太なら返事して?
気付いてもらえて、凄く嬉しくて


自然と涙が溢れてきた…
渡辺
ハッグスッン…ぅんグスッ///
渡辺
しょ…ぉただょグスッ//
宮舘
翔太…
涼太は、俺の頬に手を当てて


優しく引き寄せた…
渡辺
りょぉたグスッすき///グスッ大好き…
宮舘
翔太…
渡辺
ずっと前…小さい頃グスッから大好き!グスッ
渡辺
グスッはぁ…ううぅグスッ
宮舘
俺も…小さい頃から愛してるよ
涼太は、優しく唇を重ねてくれた…
渡辺
んっ//…ふぁ、クチュ///んァ…//
宮舘
んっふぁ…ねぇ翔太
渡辺
なっに?
宮舘
目隠しとってよ
渡辺
ごめんね…今とる
シュルっ
宮舘
翔太…俺の初めてが翔太で良かったよ
渡辺
えっ?はじ…めて?
宮舘
そう、彼女いたけど…した事ないから
渡辺
なん…で?彼女とは好きで付き合ったんでしょ?
宮舘
それは、後で説明するねっ
そう言って、涼太は俺の腰に手を当て


上下に動かした
《ズチュパンズンズンジュブ》
渡辺
んぁっ////りょぉ、はぁ//たぁ…ぁ////
宮舘
ふふっ、可愛い
渡辺
ァン//んァッ…あ///りょぉた///イクッ///
宮舘
俺も…イきそう
《ズンズンパンパングチュンジュブ》
渡辺
あっ///ハァ…ぁあん///
《ビュルルルル》
宮舘
だすよ…っ
《ドクドクドク》
渡辺
んッぁ///りょぉたのがどんどん流れてくる//
宮舘
ふふふっ気持ちい?
渡辺
うん///
渡辺
ねぇ涼太
宮舘
なに?
渡辺
さっきのの話の続き聞かせて?
宮舘
あ〜、彼女と付き合った理由は…
渡辺
宮舘
言いずらいんだけど…
涼太は、全て話してくれた…
渡辺
グスッ…それならそうと…言ってくれればいいのにグスッ
宮舘
ごめんね翔太…
ギュー(つ・ω・(-ω-*)
渡辺
( ´•̥̥̥ω•̥̥̥` )その女とは、別れられるの?グスッ
宮舘
うん、荷物も取ってきたしケータイも変えたマンションも引っ越そうと思ってる大丈夫だよ
渡辺
ならっ良かったグスッ
宮舘
翔太
渡辺
なに?グスッ
宮舘
"愛してる"
渡辺
グスッ俺もっ//
そうして、2人は幸せに暮らしましたとさ


チャンチャン☆←