無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第39話

第三十七話 攻め予告 (桃赤)
さとみくん目線
俺の情報網は侮れない。
誰が誰を好きかってその人の顔を見れば、すぐに分かる。
莉犬も俺のことは嫌いじゃないと思うけど、
『好き』は友情なのか恋愛なのか、
莉犬自身ははっきりして無さそうだし…。
莉犬くん
莉犬くん
さとみくんは俺でよかった?
とか、言ってるから俺が莉犬のこと好きって気づいてないんだろうな……。
……………。
え?あんなにアピールしてるのに…!?
何故気づかないんだ…莉犬!?
俺が片思いをして早数年。
もうちょっと意識してくれてもいいんだよ?
照れてくれるけど、多分これがジェルでもるぅとでも照れるんだろうな……。
ころんくん
ころんくん
じゃあ、部屋行くか…
二組ともイチャイチャしたそうだし…笑笑
莉犬くん
莉犬くん
な…!?/////
なーくん
なーくん
ん…!?/////
ジェルくん
ジェルくん
さすがころちゃん笑笑
さとみくん
さとみくん
ナイスころん(   ¯꒳¯ )b
寝る時に攻めるか……。
…………………………………
部屋に行く途中。
さとみくん
さとみくん
ねぇ、莉犬。
莉犬くん
莉犬くん
ん?
さとみくん
さとみくん
楽しみだね…ニヤッ
俺は少し笑みを浮かべた。
莉犬くん
莉犬くん
な、何が…!/////
莉犬はまた頬を赤らめる。
可愛いなぁ…。
✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼
なーくん
なーくん
せーの!
すとぷりメンバー
すとぷりメンバー
おつぷり!