無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

第一話 帰り道
なーくん目線
なーくん
なーくん
せーのっ!
すとぷりメンバー
すとぷりメンバー
おつぷり〜!
今日はすとぷりハウス(ころん宅)でメンバーとゲーム実況配信をしていた。

メンバーとの反省会も終わり、ころん以外のメンバーは家に帰り始めた。

るぅとくん
るぅとくん
ころちゃん、またね〜!
さとみくん
さとみくん
ころん、じゃあな!
莉犬くん
莉犬くん
ころちゃん、バイバーイ!
ジェルくん
ジェルくん
ころん、またな〜
なーくん
なーくん
ありがとね!バイバイ!
ころんくん
ころんくん
うん!バイバーイ!
✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼
ころん宅から出たあと、
るぅとくんはころん宅の前にあるマンション住まいで、さとみくん宅と莉犬くん宅は、俺の家とジェルくん宅の反対方向なので、
ここで、るぅとくんとさとみくん、莉犬くんとは分かれることに…。
なーくん
なーくん
じゃあ、三人ともまたね〜!
ジェルくん
ジェルくん
またな〜(*´꒳`*)
すとぷりメンバー(ななジェルころん以外)
すとぷりメンバー(ななジェルころん以外)
バイバーイ!
ジェルくんと俺は三人の姿が見えなくなるまで手を振っていた。
なーくん
なーくん
よし!じゃあ、俺達も帰ろうか!
ジェルくん
ジェルくん
うん!帰ろか〜
そして、たわいもない話をしながら
歩いていく。
✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼
主
ここで、一話終わります(o_ _)o
主
次回はすとぷりハウスから帰ったあとの
るぅころ編です。
ころんくん
ころんくん
いや〜ここまで長かった
やっと僕の番が来た
るぅとくん
るぅとくん
ころちゃん…笑
主
私はツッコミませんので…(◉ω◉)
主
皆さんで終わりにさせてください
すとぷりメンバー
すとぷりメンバー
はーい
なーくん
なーくん
せーの!
すとぷりメンバー
すとぷりメンバー
おつぷり〜!