無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

第二十七話 すれ違いの応援 (桃赤)
莉犬くん目線
俺とるぅとくんの番が終わったから次は
さとみくんとなーくんだ〜
なーくん
なーくん
じゃあ、俺からね〜
なーくん
なーくん
ふぅぅ…
なーくんが深呼吸をする。
なーくん
なーくん
あ、愛してる/////
なーくん、やっぱり最初は照れるんだね〜笑
さとみくん
さとみくん
もう1回(イケボ)
んん?
めっちゃさとみくんイケボじゃなかった?
いつもイケボだけども…
さっきのはアダルトって感じで甘い声だった
聞き間違いかな?笑笑
なーくん
なーくん
愛してる!/////
んん?
なーくん、さっきジェルとやった時は
二回からは照れてなかったのに…
見間違いかな?笑笑
さとみくん
さとみくん
もう1回(イケボ)
いやいやいや!聞き間違いじゃない!
甘々チョコレートフォンデュよりも甘い声だった
俺の時もそうだったっけ!?
…………思い出せぬ…。
なーくん
なーくん
愛してる/////
いやいやいや!こっちも見間違いじゃない!
リンゴみたいに頬がほんのり赤いよ!
…………………。
なんか、二人だけの世界が広がっているように見えた。
さとみくん
さとみくん
ありがとう、なーくん(*´∀`*)
さとみくん…さっき俺には『ありがとう』の言葉一つなかった…。
しかもあんなに幸せそう…。
……………………。
さとみくん、なーくんのこと好きなのかな?
…………チク
ん?なんだ、今のは…。
ま、いっか…。
でも、さとみくんがなーくんを好きだとしても、
ジェルとなーくん同居してるらしいし…。
さとみくん、ジェルに勝ち目なくない?
………しょうがない。慰めてやるか、その時は!
✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼
主
終わり!
主
だが、桃赤は嫉妬編にならない…。
さとみくんは『莉犬は絶対俺に振り向く』って自信がありふれてる感じ?
莉犬くんは鈍すぎて『さとみくんを応援!』って感じになってる…
主
やっぱり、桃赤はデレデレイチャイチャしか書けんわ(開き直る(ごめんなさい))
主
次回はジェルくん目線です
なーくん
なーくん
せーの!
すとぷりメンバー
すとぷりメンバー
おつぷり〜!