無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第43話

第四十一話 僕の心 (黄青)
ころちゃん目線
俺が『一緒に寝よ』発言をしてから数分間経つが、何故かるぅとくんは正座をして、ブツブツと唱えている。
るぅとくん
るぅとくん
僕は今日命日ですか?死んじゃうんですか?なんなんですか?この幸せは。ダメダメ。諦めるのが目標でしょ?なんでその目標から遠のいてるんだ?でも、今日ぐらいはいいんじゃないか?いやいや、そんな甘くしていたら一向に諦められなくなってしまう…。嗚呼、神様どうすればよろしいですか?((ブツブツブツブツ
自分自身、なぜ一緒に寝よ発言をしたのかよく分からない。
でも一緒じゃないとるぅとくんは俺から離れてしまいそうで…
ころんくん
ころんくん
る、るぅとくん?大丈b
るぅとくん
るぅとくん
いや!ダメです!
ころんくん
ころんくん
え!?
るぅとくん
るぅとくん
ダメです!犯罪になるます!
僕、犯罪者になってしまいます!
ころんくん
ころんくん
は、犯罪!?
るぅとくんが頭おかしくなっちゃった!
るぅとくん
るぅとくん
遠慮します。。。
あ、いつものるぅとくんに戻った。
でも、、、
ころんくん
ころんくん
これは!罰だよ!
僕を不安にさせたことのね!
どうだ…!こうすればいいだろう(*ФωФ)フフフ…
るぅとくん
るぅとくん
う…!
あともう一撃で…
ころんくん
ころんくん
るぅとくん、僕と寝ないならもう遊ばない(*`^´)フン
るぅとくん
るぅとくん
え!それはいや…
ころんくん
ころんくん
じゃあ、いいでしょ?
るぅとくん
るぅとくん
……………は、はい…。
僕は心の中でガッツポーズを決める。
…………………………………
るぅとくん目線
今、ころちゃんと同じ布団で寝ているるぅとです…。
やばい…ドキドキする。
ころちゃんは
ころんくん
ころんくん
(。´-д-)。o○Zzz
もう寝てる…。早いな…
まだ、1分ぐらいしか経ってないのに…
るぅとくん
るぅとくん
寝顔可愛いな…((ボソッ…
僕の理性を保つためにころちゃんのベッドから出ようとした時。
>⊂(´-ω-`)Zzzグイ
ころちゃんが僕のパジャマの袖を引っ張る。
るぅとくん
るぅとくん
え!?起きてr
ころんくん
ころんくん
(。´-д-)。o○Zzz
いや、寝ていた。
すぐそこが敷布団なのに、ころちゃんが袖を持っているせいで動けません…。
ここは諦めて寝ますか…。
ころんくん
ころんくん
るぅとくん…Zz┌( ̄〜 ̄)┐ムニャムニャ...
可愛いな…。
こんな僕の心を掴む人はころちゃんだけですよ…。
✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼
主
終わり!次は桃赤
なーくん
なーくん
せーの!
すとぷりメンバー
すとぷりメンバー
おつぷり!