無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

第八話 お出掛け (黄青)
るぅとくん目線
ドキドキ…
待ち合わせ時間の10分前に来てしまった…
ころちゃんと二人で買い物なんて、
いつぶりだろう…。
僕もころちゃんも最近忙しくて、
プライベートで会うって機会が少なくなってたかも…
あぁ、楽しみだな〜(*ˊ艸ˋ)♬*
数十分後…
るぅとくん
るぅとくん
………ころちゃん遅いっ!
もう待ち合わせ時間が過ぎているのにころちゃんが来ない。
…寝たとか?
まっさっかぁ笑笑(≧∀≦)……………
有り得るかも…。
すぐさまスマホを取り出し、ころちゃんに連絡をする。
るぅとくん
るぅとくん
『ころちゃん、今どこですか?(  #`꒳´ )』
すぐに既読が付いた。
ころんくん
ころんくん
『ごめん!あと五分!少し時間あるからと思って。寝ちゃった!』
当たった。
後で、お説教です۹(◦`H´◦)۶プンスカ!
るぅとくん
るぅとくん
『分かりました。早く来てくださいね』
✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼
ころちゃん目線
や、や、や、や、やばい!
るぅとくんに殺される!
少し寝るつもりが結構寝てしまい、
今、るぅとくんを待たせています。
ころんくん
ころんくん
はぁはぁはぁ!
今まで走ったことのない速さで走っている気がする。
ころんくん
ころんくん
ごめん!るぅとくん!遅れた…!
るぅとくん
るぅとくん
……後で、しっかりお説教です。
ころんくん
ころんくん
は、はい…。
るぅとくん
るぅとくん
では、早速行きましょ!
るぅとくんはショピングモールがある方向へと歩き出す。
るぅとくんに置いてかれないように、
小走りをした。
✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼
主
はい!以上!
次回はさとりーぬ。
なーくん
なーくん
せーの!
すとぷりメンバー
すとぷりメンバー
おつぷり〜!