無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第42話

第四十話 振り向かせる (橙紫)
なーくん目線
ころんくん
ころんくん
じゃあ、なーくんとジェルくんはこっちの部屋ね
なーくん
なーくん
わかった〜
ジェルくん
ジェルくん
はいよ〜
やばい…。ジェルくんが好きなんだって気づいてから2人きりになるのってめっちゃ緊張するんだね…
なーくん
なーくん
……………ジェ、ジェルくん!
ジェルくん
ジェルくん
ん、なんや?
なーくん
なーくん
ふ、布団、右と左どっちで寝たい?
…………これって、本当にどうでもいい事じゃんか!
右と左、どっちかに寝たって寝心地が変わる訳でもないのに…
なんか、話していないと、心臓の音がうるさくなる。
ジェルくん
ジェルくん
え?じゃあ、左!
なーくん
なーくん
わかった!
なーくん
なーくん
…………………。
ジェルくん
ジェルくん
…………………。
会話終了。
何話そ…どうしよ…(๑º口º๑;;)💦
なーくん
なーくん
…ジェルくんはさ、莉犬くんとさとみくんの今後どうなると思う?さとみくん押しがすごいからもう付き合うんじゃないかって思うんよね。莉犬くんも多分好きだろうし…。まぁ、二人はいつでもラブラブそうだよね!いいねぇ、俺もいつか誰かとイチャイチャしたいなぁ!なーんてね!
(´;ω;`)ウゥゥ
しっかり話せてるかな?
口が達者になってる気もするけど…
ジェルくん
ジェルくん
なーくんはやっぱイチャイチャしたい相手とかいるん?
(゚∀゚):∵グハッ!!
そそそそそれ聞いちゃう!?
…………。
なーくん
なーくん
い、いるよ…/////
『………その相手はジェルくんだよ。』
言えるはずないけど、心の中で言葉にする。
なんて言うかな?なんて思うかな?
少し期待をしていた。
ジェルくんの好きな人はころちゃんなのに…
ジェルくん
ジェルくん
………………へぇ。
やっぱり…。返事もそんなに興味無さそうだもん。
なーくん
なーくん
俺…その人に振り向いてもらえるように頑張るよ
ジェルくん
ジェルくん
そ、なんか…。頑張ってな…?
俺に笑顔を向けるジェルくん。
でも、その笑顔はジェルくんが素直に笑う時の笑顔とは少し違った。
なーくん
なーくん
うん……
涙を堪える俺は叶う可能性0%の恋に決意をする。
『振り向かせる。』
と…。
✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼
主
終わり、次は黄青
なーくん
なーくん
せーの!
すとぷりメンバー
すとぷりメンバー
おつぷり〜