無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

第六話 お出掛けのお誘い(桃赤)
莉犬くん目線
莉犬くん
莉犬くん
………。
今、家にいても何もやることがなくて…
なんか……
莉犬くん
莉犬くん
暇だな…。
ピロン…
莉犬くん
莉犬くん
んー?誰だろ?
さとみくんからのメールだった。
莉犬くん
莉犬くん
お!さとみくんじゃん!
さとみくん
さとみくん
『今俺は凄く暇なので、めっちゃ遊びたい。』
さとみくん…笑
すとぷりの中では一番年上なのに、
子供ような面もあるよね笑
莉犬くん
莉犬くん
『うん、どっかで遊んでくれば?ww』
返信するとすぐに、返事が帰ってきた。
さとみくん
さとみくん
『そま!?一緒に来てくれないの?』
莉犬くん
莉犬くん
『えーー…ww
じゃあ行く場所によって行くかどうか決めるよ』
さとみくん
さとみくん
『俺の家。』
莉犬くん
莉犬くん
『え!?家ってことはゲーム?それなら行かない(◉ω◉)』
さとみくん
さとみくん
『え!?なんで!?』
莉犬くん
莉犬くん
『だって一昨日、めっちゃしたじゃん!』
さとみくん
さとみくん
『まぁ…そうだけど…。じゃあ莉犬はどこ行きたいの?』
莉犬くん
莉犬くん
『……ゆ、遊園地とか?/////』
さとみくん
さとみくん
『よし!!遊園地行こう!!今すぐ迎えに行くわ』
遊園地って子供っぽいって思われるかも…って思ったけどさとみくんもノリ気だったから良かったε-(´∀`*)ホッ
こうして、俺とさとみくんは遊園地に行くことになりました(≧▽≦)ゞ
………ん?
『今すぐ』って……今すぐ!?
ピーンポーン…
さとみくん
さとみくん
『もう着いた。』
え…?今パジャマなんだけど…!
てか、さとみくん早くない?
さとみくんの家と俺の家が近いのは近いけど、歩いて約10分はかかるよ!?
あぁ…どうしよ…
しかも、部屋がちょっとだけ散らかってる
んんんんん…!もうしょうがない……!
✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

さとみくん目線
一昨日あったけど会いたすぎて、
俺の家に誘ったけど案の定ダメでした…笑
でも、遊園地になら行くという可愛らしい莉犬にドキドキしてしまい、ダッシュで莉犬の家に来てしまった。
ピーンポーン
着いたという連絡をして、インターホンを鳴らした。
莉犬くん
莉犬くん
……さとみくん、まだパジャマだし、
部屋散らかってるけど、入っていいよ
さとみくん
さとみくん
……/////
パジャマ姿の莉犬が…可愛い…(*´﹃`*)
しかし莉犬は何かを諦めたような目だったが…笑
さとみくん
さとみくん
じゃあ、お邪魔しまーす。
そして、俺は莉犬の家にあがる。
✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼
主
はい!以上!
次回はジェルななのストーリーです!
なーくん
なーくん
せーの!
すとぷりメンバー
すとぷりメンバー
おつぷり〜!