無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第36話

第三十四話 雫 (黄青)
ころちゃん目線
なんかさっきから心がモヤモヤとする。
何も無いはずなのに…。
るぅとくんと同じがいいとか
るぅとくんと居たいとかそんなことを思っている自分がいる。
2人1組の部屋にすると提案したのは僕だけど、
なんかモヤモヤする。
『るぅとくんは誰を選ぶの?』
そんなことばかり考えてしまう。
るぅとくんのことばかり…。
そんなこと思っていた時。
さとみくん
さとみくん
俺と莉犬で
さすが、さとみくんと莉犬くん…笑笑
付き合ってないのにラブラブだな〜笑笑
莉犬くん
莉犬くん
そして、なーくんとジェルくんで、
ころちゃんでるぅとが一緒!
んん…!?るぅとくんと一緒だ!!
どうか、この案が通りますように…。
なーくん
なーくん
俺はジェルくんとがいい…/////
ジェルくん
ジェルくん
っ!/////お、俺もです…/////
んんんん/////
こっちまで照れるよ…/////
ジェルくんもなーくんもラブラブでいいなぁ〜
るぅとくん
るぅとくん
こ、ころちゃん。
ころんくん
ころんくん
ん!何!?
るぅとくん…。
名前を呼ばれるだけでドキドキする。
でも、彼から出た言葉は…
るぅとくん
るぅとくん
僕、やっぱり帰ります。
ころんくん
ころんくん
え………。
思いがけない言葉だった。
そんなに嫌なのかな…僕と一緒は…
嫌われたのかな…僕って…
さとみくん
さとみくん
はぁ!?るぅとくん何言ってんだよ!?
ジェルくん
ジェルくん
るぅちゃん?どうしたん?
なんでこんなに泣きたくなるんだろう。
大事な親友だと思ってた人に嫌われたから?
莉犬くん
莉犬くん
ころちゃん…!
あ、あれ?

手の甲が一粒の雫あった。
✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼
主
次回も黄青です。
主
桃赤が好きな人もこれから激甘々のラブシチュ書くのでそれまでどうか見守っててください!
なーくん
なーくん
せーの!
すとぷりメンバー
すとぷりメンバー
おつぷり〜!