無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

第十四話 叶わない (黄青)
るぅとくん目線のみ
ころちゃんから『好きな人いるの?』って言われて、胸が痛くなりました。
ころちゃんは僕の好きな人が誰か分からないから
応援とか励ましとかするんですよ
…でも、ころちゃんとのお出掛け楽しかったな。
ショピングモールから出た、僕ところちゃんは
家が近いから、一緒に帰るつもりだった。
だけど……。
ころんくん
ころんくん
はぁ〜今日はめっちゃ楽しかったな〜
ころちゃんの笑顔が可愛くて、愛おしくて、
つい、顔を近づけてしまった。
でも、ころちゃんは
ころんくん
ころんくん
えぇ?どーしたの?笑
いつも通り。
やっぱり叶うはずがないんだ。
どこかでこの気持ちを捨ててこなきゃ。
どこかで………
ふと、体勢を戻す。
るぅとくん
るぅとくん
……今日は少し寄る所があるので
ここでお別れでもいいですか?
ころんくん
ころんくん
え……?まぁ、いいけど。
るぅとくん
るぅとくん
うん!バイバイ、ころちゃんっ!
さようなら。
ころんくん
ころんくん
う、うん!バイバーイ!(*´ ³ `)ノ
僕はころちゃんの進む方向と別の方向へ歩き出す。
ころんくん
ころんくん
るぅとくん!
ころちゃんの声に、
反射的に振り向いてしまった。
ころんくん
ころんくん
るぅとくんなら、絶対大丈夫だから、
諦めちゃダメだよ!バイバーイ!
ころちゃんも僕がいる方向とは別の方向を向き、歩き出す。
………だから、なんで『諦めるな』とか言っちゃうんですか?
ころちゃんは多分

るぅとくんは普通の一般女性が好き

と思っている。
本当にきついな…。
俺は涙を流し、行き先も分からないまま、歩き出す。