無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

第四話 帰り道 (橙紫編)
なーくん目線
皆を見送ったあと、俺とジェルくんは
今日のこと、次の企画についてなどを話していた。
なーくん
なーくん
次はもっとこうしていきたいんだけど
どう思う?ジェルくん
ジェルくん
ジェルくん
お!いいと思いますよ!
明日皆にも伝えときますか〜
なーくん
なーくん
うん!
ジェルくんって本当に頼りになるよね〜
いつもふざけてるけど、
しっかりするところはしっかりしてるし…
ジェルくん
ジェルくん
ん?なーくん、どうしたん?
ボーっとしてるけど…
なーくん
なーくん
…ん!いや!ジェルくんって頼りになるよな〜って考えてた笑
ジェルくん
ジェルくん
……(/// ^///)
あ、ジェルくん照れてる笑笑
ジェルくん
ジェルくん
いやいや、なーくんの方が頼りになるでしょ!
メンバーのこと、すとぷりのこと、沢山考えてくれるやん?
なーくん
なーくん
ふふっ、ありがとうジェルくん笑
ジェルくんが照れる理由分かるかも…笑
なーくん
なーくん
これからも沢山かまそうねジェルくん(*´꒳`*)
✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼
ジェルくん目線
(ˉˡˍˉ  )ハァ...なーくんに『頼りになる』って言われたらドキドキするやろ!
今めっちゃ顔が熱い。赤くなってるかな?
好きって伝えたいな…。
まぁ、そんな簡単には言えないけど…笑
なーくん
なーくん
ねぇねぇジェルくん……!
名前を呼ばれるだけで、心臓がうるさい。
ジェルくん
ジェルくん
んー?どうしたなーくん
なーくん
なーくん
凄く言いずらいんだけど…
なーくんが真剣な顔をする。
結構大事な話のようだ。
なーくんを見れば分かる。
ジェルくん
ジェルくん
ん?どうしたん、そんな真剣な顔で……
なーくん
なーくん
……今日から一週間、俺の家に住んでくれないかな!
ジェルくん
ジェルくん
……!?
え、え、え、え、…んんんん!?
✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼
主
はい!以上です!
私はジェルなな推しです(´◉ω◉)←
主
次回はるぅころのストーリーです。
なーくん
なーくん
それでは
主
あ、おねしゃす
なーくん
なーくん
せーの!
すとぷりメンバー
すとぷりメンバー
おつぷり〜!