プリ小説

第8話

好きな人って?
烏山くんは、
それから、よく後ろを振り返り、
色々話かけてくれるようになった。

消しゴム貸して。
次の授業なんだっけ?
とか、
今日暑いね、

とか、そんな日常会話。

男子どころか、
このクラスに馴染みきれていないわたしには
とても嬉しい。

烏山くんが話かけてくれるからか、
ちかくの席の、皆との距離も
近づいてきた。

少なくとも、前よりはずっと。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

尾崎ちょこれーと
尾崎ちょこれーと
よろしくお願いします
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る