プリ小説

第45話

別離
わたしたちは、
バラバラになった。

タカムラくんと烏山くんも。
私とミイコも。

かろうじて、

相田さんとわたしは
一緒に行動しているけれどーー。


烏山くんとミイコも。

あれだけラブラブだったのに

あの日以来、

一緒にいないどころか、

ミイコは、私たちのクラスに

やってこない。

噂好きのクラスメイトたちは、

人の不幸は蜜の味とばかりに

聞きたがったし、話をひろめたがった。

そして、

密かに、

烏山くんを好きな女の子たちや、

ミイコを可愛いと狙っていた男子たちは

色めきたっていた。

失恋の後が狙い目とばかりに。

それに、

わたしたち、5人グループが

バラバラになったことで、

タカムラくんを好きな女の子たちも

喜んでいるようだった。
相田さん
馬鹿馬鹿しい。

こんなことに

漬け込むなんて、

みんなサイテー。
ゆうか
仕方ないよ。
ミイコだけじゃない。

わたしだって、

誰も信じられない。

誰を信じていいのかわからない。

好きだったはずのタカムラくんに

まさかの告白をされたのに。

最悪なタイミングで。

最低なシュチュエーションで。
相田さん
ねえ。

桜木さん、、、。

なんかあった?
言葉に詰まる。

言いたくない。
ゆうか
とくに、なにもないよ。。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

尾崎ちょこれーと
尾崎ちょこれーと
よろしくお願いします
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る