プリ小説

第40話

悪戯#5
気がついたら、

わたしは、烏山くんにそっと

抱きしめられていた。
ゆうか
やめてよ!
何してるの?
烏山くん
だって泣くから。
ゆうか
やめて!!
離して!
つい力が入り、思い切り
突き飛ばそうとしてしまったのに、

烏山くんに

力強く抱きしめられてしまう。
烏山くん
泣かないで。

お願い。

また、気になってしまう。

だから、今は、少しだけ。
ゆうか
なにそれ、、。
タカムラくん
烏山!!
ミイコ
ゆうか、、!
なにしてんの?
最悪のタイミングで、、。

2人が


やってきてしまった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

尾崎ちょこれーと
尾崎ちょこれーと
よろしくお願いします
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る