プリ小説
一覧へ

第1話

はじまり
わたしの自己紹介なんて
名前と年齢だけで
終わってしまう。
それくらいに、特徴のない つまらない
16歳の女の子。

小学生の頃から、
みんなは、好きな人がいて
その話に全くついていけないわたしは
いつも、「こどもっぽい」と
なんだか見下されていた。
そんなとき、仲良しのミイコは、
笑って励ましてくれた。

「大丈夫だよー!
中学生になれば、自然と好きな人が
出来るから!」

、、、、、、。

出来なかった。

特にとりたてて話すこともないような
中学生生活で、
楽しくなかったわけでもないけれど、

好きな人とか、
トキメキとか、
そういうのは
縁がない。遠すぎた。
ゆうか
16歳になったから恋をしたいわけじゃないけど。
恋がどんなものか
知りたい。
みんながあんなにはしゃいでるんだもん。
そうそう。
わたしの名前は、

桜木優花。
さくらぎ ゆうかー

なんだか名前ばっかり可愛いきがする。

小学生の頃からの大の仲良しの
ミイコは、
そんなことないよ!て
いつも言うけど。

ミイコの名前、

山内光子。
やまうちみつこー。
あまりにも地味すぎるおばあちゃんみたいな
名前を、いつも嘆いていて、

「みつこって名前は忘れて下さい!
ミイコて呼んで下さい!」

と、必ず、
初めて会う人には言うんだ。

それを言っても、笑って許してもらえるくらいに、ミイコは、可愛い!

わたしたちが仲良くしているのを
不思議がる人もいるけど。

わたしたちは、すごく仲良し!
なんで仲良くなったのかは、
また今度!
ながーいながい歴史がある2人だから。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

尾崎ちょこれーと
尾崎ちょこれーと
よろしくお願いします
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る