無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第17話

それぞれの恋#5
相田さんと、烏山くんと、
タカムラくんと、わたし。

理科の実験で、
グループをつくるときに、
4人で組むことになった。

男女2人ずつのグループで!

と先生が言った後、
すぐに、
相田さんが
相田さん
桜木さん!
一緒にしよう!
と声をかけてくれた。
烏山くん
相田ちゃんと桜木ちゃーん!

じゃ、合流しましょ♪
タカムラくんと一緒に
烏山くんが、わたしたちのところに
やってきた。
タカムラくん
一緒にしても大丈夫?
ゆうか
うん!もちろん!
恥ずかしいくせに、
ついつい嬉しさが
勝ってしまい、
声が大きくなり、
弾んでしまう。
北川さん
五月蝿いなあ。
ハエみたいに。
え??
振り向くと、
北川さんがにっこり笑っていた。

気のせいだよね、、

うん。

きっと気のせいだよ。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

尾崎ちょこれーと
尾崎ちょこれーと
よろしくお願いします
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る