無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第4話

三話
66
2020/03/06 01:00
あなたside

今日は私とお母さんと姪っ子と一緒に外に散歩してるんだ!
ちなみに私はランペファンです!野外公演みたいなのしないかな〜?
そう思いながら歩いていると、、
○○
??なんか人が集まってる?
気になって見てみたら、そこには何とランペが!!!野外公演?をしている。
○○
ヤバ、、、
私のお母さんも、私がランペファンっていう事を知ってるから、近くにあった階段の上に登って少し高い所からランペのライブを見ていた。
1時間後
ランペのライブが終わった。
○○
あーカッコよかった!
そう言いながら階段の一番下まで降りて、そこに座った。ランペがファンサをしながらそのまま車まで帰っている。一番後ろは壱馬くんだ。凄くファンサをしている。
流石だな〜、、なんて思いながら壱馬くんの事をずっと見ていると、何故か壱馬くんがこっちに微笑みながら歩いてきている!?
○○
え、、、!?
そのまま壱馬くんは私達の元へ来て、
壱馬
こんにちは!(*´﹀`*)
って言ってきた!?
○○
こ、こんにちは、、!
こんにちは(*^^*)
壱馬
ペコッ
壱馬くんはお礼をしたら姪っ子に向かって、
壱馬
可愛いね!
って言って、笑っていた。
○○
(カッコイイ〜、、、)
なんて思いながら見ていると、次は私の方へ顔を向けた。
○○
(へっ!?)
壱馬
君も可愛いね!(*^^*)
そう言って微笑むだけかと思ったら!姪っ子にはしなかった、頭をナデナデしてきた!
壱馬
( *ˊᵕˋ)ノˊᵕˋ*) ナデナデ💕
○○
/////
そりゃもう心臓バックバクで、しかも衣装はSWAG&PRIDEの紫の服と、髪型はハーフアップで!もうほんとに無理!死ぬ〜、、、
壱馬
ふふっ(*^^*)
壱馬
ありがとね(๑ ᴖ ᴑ ᴖ ๑)
○○
こちらこそ!!///
そうして、「ありがとね」って言ってくれて、そのままメンバーの元へ走っていった。
、、、ヤバいね。好きだ。リアコや。←
良かったな笑
○○
うん!笑


















こんな夢を見ました!正夢にならんかな〜、、、、