無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

一話
137
2019/08/01 04:32
あなたside

今日、親と喧嘩して、家出しちゃったんだ。だから幼馴染の「中島颯太」って人の家に行こうと思うんだ!


(家に着く)
ピーンポーン

颯太 はーい!ってあなたじゃん!どした?

あなた ちょっと、ね、、、

颯太 家上がりな。

あなたありがと。

(家に上がる)

あなた ごめんね!急に。

颯太 いや。大丈夫!で、なにがあったn

壱馬 颯太、風呂サンキュ!って、あなた!?

あなた 壱馬!?

※あなたと壱馬は付き合ってます。でも、颯太はあなたの事が好きです。

壱馬 何でいんの!?

あなた いやこっちが聞きたい!

颯太 ごめんあなた。今日、壱馬ここ泊まって行くんだ。

あなた マージか。

颯太 うん、マジ(真顔)←

あなた うん。先に言え。

颯太 ごめんごめんwwで?何があったの?

あなた 親と喧嘩して、家出して来た。

颯太・壱馬 マジで!?

あなた マジだよ。

颯太 んー。じゃあ、ここ住む?俺一人暮らしだし。

あなた そうする。

壱馬 (嫉妬中)


あなたが颯太の家に住むことになった次の日


颯太 おーい!あなた起きて~!

あなた んっ。おはよ。

颯太 はい!おはよ。下で川村壱馬という人が一人寂しくご飯食べてるよ。←

あなた ww分かった!w(何か颯太、調子悪いのかな?)

(学校に行って、帰った)


あなた ただいま~!

壱馬 お帰り。

あなた 颯太は?

壱馬 まだ学校。

あなた OK!(颯太が飼っている二匹の猫の所へ行く)

※実際は分かりません。

あなた 今日も可愛いねー!

(颯太が帰って来た)

颯太 あなた~!ちょっと来て~!

あなた はーい!しんどいのかな?(颯太の所に行く)

颯太 (あなたの腕を引っ張り、自分の部屋に連れていく)

あなた !?何!?

颯太 ずっとあなたの事が好きだった。(チュッ)

あなた ん!?///


ここで、目が覚めました!