無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

445
2021/11/19

第112話






   少し前





   幼馴染のじみんとカフェに寄ったため





   少し帰りが遅くなった事があった




you
you
  ゆんぎ 、ただいま ~  





   リビングのドアを開ければ





   特にいつもと変わらない雰囲気のゆんぎ





   遅くなってごめんね 、と謝れば





   大丈夫だよ 、微笑んでくれる





   嫉妬も束縛も全く無い





   そんな彼の器の広さもまた





   私が惚れた要因




you
you
  ふふ 、ありがとね ㅎ  





   ぎゅ 、と私よりも身長の高い彼を抱きしめる





   はぐが好きな彼は 、当然喜んでくれる





   そう思ったんだけれど





   彼は私の肩に顔を埋めたまま





   犬みたいにすんすんと匂いを嗅いでくる




you
you
  ちょ 、ゆんぎくすぐったいよ  





   強めに押し返せば





   彼は素直に離れていく





   でも 、彼の表情は





   いつもの穏やかなものではなく





   少し顔を顰めて 、不機嫌そうで 。




you
you
  … どうしたの ? 





   彼の顔を覗き込めば





   少し怒ったように 、口を開く




yg
yg
  … 男の匂いする  
you
you
  え ? 
yg
yg
  あなたの匂いじゃない  





   そう言われて 、自分でも服の匂いを嗅いでみる





   確かに私が付けないような男性物の香水の香り





   そう言えば 、心当たりのある人が1人 。




you
you
  あ ~ 、じみんかな …  
yg
yg
  誰 、じみんって  
you
you
  男の幼馴染だよ 、言って  
なかったっけ ?
yg
yg
  うん 、初耳  





   ごめん 、言い忘れてた





   そう言いながら彼の顔色を伺えば





   少し 、機嫌は良くなっている様子




you
you
  あの人昔から距離感おかしくて  
you
you
  っていうか幼稚園の頃から  
距離感変わってなくて … ㅎㅎ
you
you
  今日も肩組んだり抱きついてき  
たりしたから 、多分それかな ?
yg
yg
  そっか 、





   良かった 、と嬉しそうな表情





   彼が男絡みの事でこういった態度をとるのは初めてで





   なんだか新鮮




you
you
  嫉妬 … したの ? 
yg
yg
  嫉妬っていうかなんていうか …  
yg
yg
  浮気でもされたんじゃない  
かって 、心配で
you
you
  はは 、何言ってんの ㅎㅎ  





   ぽかん 、と驚いた顔をする彼に





   ちゅ 、と軽くキスを落とす




you
you
  私が好きなのはゆんぎだけだよ  
だから安心して ?
yg
yg
  … うん 、/  





   照れたように 、でも嬉しそうに





   そう返事する彼が可愛くて





   また 、頬にキスを落とした





   これが 、最初で最後の彼の嫉妬 。





   ちょっと嫉妬し無さすぎじゃない ?





   そう思う人もいるかもしれないけれど





   私にはこれくらいが丁度良かったり





   end