無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

353
2018/07/31

第7話

珍しく...
朝       学校
シルク
シルク
おはよー
ンダホ
ンダホ
シルク!ヾ(ゝ∀・。)ノ゛オハョ♪
シルク
シルク
あれ?w今日早いじゃんw
ンダホ
ンダホ
ちょっと〜そんな事、言うなよ〜www
シルク
シルク
モトキは?
ンダホ
ンダホ
まだ、来てないみたい。
ンダホ
ンダホ
聞きたい事があるんだけど、
聞いてもいい?
シルク
シルク
何を?
ンダホ
ンダホ
昨日さ、モトキが泣きながら電話してきたんだよ。
シルク
シルク
ンダホに?
ンダホ
ンダホ
うん。それで、なんで泣いてるかを聞いたらシルクに関しての事でさ、何かあったのかなって…
シルク
シルク
ちょっとな。なんか、俺もあまり意味が分かってないんだ。
シルク
シルク
今日、聞こうかとも思ったけどまだ来てないからさ。
シルク
シルク
で、どんな風に言ってた?
ンダホ
ンダホ
なんか、「シルクは、自分で分かってない」って。なんの事か知らないけど、「なんで素直にならないんだよ…」って言ってた。
シルク
シルク
(もしかして...勘違いしてるのかも...)
ンダホ
ンダホ
シルク?大丈夫?
シルク
シルク
おう。ちょっと考え事。
ンダホ
ンダホ
わかった(  ˙︶˙  )ゝじゃあまたね!
シルク
シルク
ほーい。
〜続く〜