無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

258
2018/08/25

第9話

まさかの、、、
〜部活〜
体育館入口
シルク
シルク
お願いします!
モトキ
モトキ
お願いします!
中に入る。
龍輝
おー!お疲れー!
シルク
シルク
お疲れ様です!
モトキ
モトキ
お疲れ様です!
龍輝
俺が準備しといたから!
シルク
シルク
えぇー!そんな、すいません💦
龍輝
いいよ!だって、1年生2人しか居ないのに全部の仕事任せるとか、
自己中じゃん!だから大丈夫だよ!
モトキ
モトキ
ありがとうございます!
龍輝
いーえ!じゃあ、練習してくるわ!
モトキ
モトキ
あの、先輩!
龍輝
ん?どうした?
モトキ
モトキ
えっと、今日ちょっと病院に行ってスポーツは控えた方がいいって先生から言われたので見学とマネージャーみたいな仕事とかをさせてもらってもいいですか?
龍輝
あー、いいよ!今日、マネージャー休みだからちょうどよかった!
モトキ
モトキ
そうなんですね!
ありがとうございます!
あなた

龍輝ー!

龍輝
はーい🙋
あなた

今から部長会議だよ!

龍輝
わかった!先行ってて!
あなた

はーい🙋
「シルク達の方を見て笑う」

シルク
シルク
!?!?///////
┏○ペコッ
モトキ
モトキ
!?!?//////
┏○ペコッ
龍輝
お前ら〰www
シルク
シルク
はい!?
モトキ
モトキ
えっ!?
龍輝
見ちゃったwww
話は、今日の放課後な!
シルク
シルク
えっ?あ、はい!
モトキ
モトキ
わっかりました!
龍輝がいなくなる。
モトキ
モトキ
話って、、、何?
シルク
シルク
なんだろう?俺もよく理解出来てないわwww
龍輝も帰って来て、部活終了
龍輝
今日お疲れだったな!w
シルク
シルク
そうっすね!
モトキ
モトキ
龍輝先輩。あの、話ってなんですか?
龍輝
あー、シルクとモトキ。
モトキ
モトキ
はい。
シルク
シルク
はい。
龍輝
お前ら、もしかしてあなたの事好きか?
シルク
シルク
えっ!?
な、なんでですか!?
龍輝
あの時、、、
モトキ
モトキ
あ、あれはあなた先輩がこっちを向いて、笑ってくれたので頭を下げただけです。
シルク
シルク
(おっ!モトキ(''∇^d) ナイス☆!!)
龍輝
そっか!でも、俺が見た時は、
顔が赤かったぞ〰
シルク
シルク
そ、それは気のせいですよ!
龍輝
そーかなー?w
モトキ
モトキ
そうですよ!
龍輝
わかったwww
じゃあ先帰るわ!
シルク
シルク
はい!お疲れ様です!
龍輝
お疲れ〜
龍輝がどっか行く
シルク
シルク
あぶねぇー
モトキ
モトキ
あぶねぇー?
やっぱりか。
シルク
シルク
なにが?
モトキ
モトキ
正直に答えて。
シルク
シルク
うん...
モトキ
モトキ
あなた先輩の事、、、好きだろ?
シルク
シルク
正直に言えば好きだよ...
モトキ
モトキ
ほーらな?素直に言えばよかったのに。
シルク
シルク
そうゆうモトキはどうなんだ?
シルク
シルク
好きなのか?
モトキ
モトキ
好きだけど、シルクが好きなら、
しょうがないじゃんwww
シルク
シルク
しょうがなくないだろ。
モトキ
モトキ
えっ?
シルク
シルク
友達でもさ、好きな人が同じならその、
好きな人を振り向かせるために頑張るんじゃないの?
モトキ
モトキ
そうだけど...
シルク
シルク
なら、堂々とライバルになろうぜ?
シルク
シルク
「俺の友達があの人の事好きだから...」そんな理由で決めてんなら、やめろ。
モトキ
モトキ
うん...
シルク
シルク
もしかしたら、あなた先輩は俺達の事好きじゃないかもしれない。そうゆう場合があったらどうする?
シルク
シルク
結果は、2人とも同じだろ?
モトキ
モトキ
そうだな。
シルク
シルク
そんな事にならないように、がんばるんだから正々堂々とライバルになった方が絶対いいと俺は思う。
モトキ
モトキ
うん...
シルク
シルク
どうする?
モトキ
モトキ
..............................
ライバルになる。
シルク
シルク
そう来なくっちゃ!
モトキ
モトキ
おう!
シルク
シルク
もうこんな時間だし、
ンダホも待ってるから行こうぜ!
モトキ
モトキ
だな!
このようにして、シルクはやっぱり、、、
























あなたのことが好きだったのです。







それに、まさかのモトキもあなたのことが、









好きになっていたのです。
次回!
シルクと龍輝のLINE内容を覗きましょう!
〜続く〜