無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

5話
クロウリー
ここです
シアン
シアン
、、、ボロボロじゃないですか
クロウリー
、、、まぁ、掃除したら綺麗になりますよ
クロウリー
それじゃ!!
シアン
シアン
あっ!!待っ、、、
シアン
シアン
、、、行ってしまった
シアン
シアン
、、、掃除するか
、、、
シアン
シアン
(*´・ω・`)=3
シアン
シアン
少しだけ綺麗になったかな
セバスチャン
セバスチャン
妹様
シアン
シアン
∑(O_O;)ビクッ
セバスチャン
セバスチャン
掃除なら私がやりましたよ?
シアン
シアン
、、、いいの
シアン
シアン
小さい頃から使用人がやってくれてて私は何もやってなかったから
シアン
シアン
そうなると、、、いざとゆう時掃除とか出来なかったら大変でしょ?
セバスチャン
セバスチャン
、、、妹様、、、
セバスチャン
セバスチャン
、、、全く坊ちゃんと似ていない(´TωT`)
シアン
シアン
、、、兄様と似てなきゃダメ?
セバスチャン
セバスチャン
いえ、むしろ嬉しいです←即答
シアン
シアン
そう、、、
シアン
シアン
あ、そうだ
シアン
シアン
庭がとても広いの
シアン
シアン
だから久しぶりに剣術を磨きたいんだけど、、、お手合わせをお願い出来る?
セバスチャン
セバスチャン
分かりました(*^^*)
―――――――――――――――――――――――
カキンッカキンッ
シルバー
シルバー
、、、ん?
シルバー
シルバー
何の音だ?
シアン
シアン
フンッ!!
カキーンッ
ザクッ(剣が地面に突き刺さる)
セバスチャン
セバスチャン
おやおや
セバスチャン
セバスチャン
やはり剣術に対してはそちらの方が格上ですね
シアン
シアン
そうなのかしら
シルバー
シルバー
ちょっといいか?
シアン
シアン
へ?
シルバー
シルバー
この辺に角の生えた身長が凄く高い人が来なかったか?
シアン
シアン
、、、いいえ
シルバー
シルバー
、、、協力感謝する
シルバー
シルバー
それと、、、
シルバー
シルバー
さっきの剣術、、、見事だったな
シアン
シアン
えっと、、、ありがとうございます
シルバー
シルバー
名前は?
シアン
シアン
シアン・ファントムハイヴです
シルバー
シルバー
、、、見たところ、、、1年か
シルバー
シルバー
俺はシルバーだ
シルバー
シルバー
今度一緒に剣術を磨きたい
シアン
シアン
分かりました、いつがいいですか?
シルバー
シルバー
、、、明日空いてるか?
シアン
シアン
ええ、放課後なら
シルバー
シルバー
なら放課後に運動場で
シアン
シアン
分かりました
シルバー
シルバー
それじゃ
シアン
シアン
、、、っあ
シアン
シアン
待って下さい!!
シルバー
シルバー
ん?
シアン
シアン
えっと、、、出来れば人に見られない場所でやりたいのですが、、、
シルバー
シルバー
、、、わかった、とりあえず集合場所は運動場で
シアン
シアン
はい
セバスチャン
セバスチャン
、、、もうここの生徒と仲良くなったのですね
シアン
シアン
、、、これは、、、仲良くなったと言えるの?
セバスチャン
セバスチャン
まぁ、そう言えるんではないでしょうか
セバスチャン
セバスチャン
、、、ところで、どうして人に見られない場所なんですか?
シアン
シアン
前にエリザベス様が「貴方も女の子なんだから剣の天才と噂されてた事は隠しなさい」って
シアン
シアン
言われた
セバスチャン
セバスチャン
そうですか
シアン
シアン
、、、あ、そうだ
シアン
シアン
兄様はなんて?
セバスチャン
セバスチャン
ああ、そうでした
セバスチャン
セバスチャン
「帰れるようになるまでここで学んで来い」との事です
シアン
シアン
、、、兄様にとって私は邪魔なのでしょうか
セバスチャン
セバスチャン
いえ、多分12歳なので、妹様だけでもちゃんとした学校で学んで欲しい
セバスチャン
セバスチャン
とゆう事ではないでしょうか
シアン
シアン
、、、そっか(*^^*)
シアン
シアン
、、、兄様の期待に応えないとね
セバスチャン
セバスチャン
、、、とはいえ、ここはまだ掃除が足りませんね
セバスチャン
セバスチャン
残りは私がやっときますのでお風呂に入って来てはどうでしょうか
セバスチャン
セバスチャン
ご安心下さい、ちゃんと修理は終わってあります
シアン
シアン
、、、仕事が早いわね
シアン
シアン
なら入ってきます
セバスチャン
セバスチャン
はい(*^^*)