第20話

終わった祭り(いかないで)
120
2021/10/27 13:01
-Azul said-
この祭りが、さいごですね。わかっている。あの便には乗ってはならないことくらい。わかっているけど、時間が無いんだ。どうしても、ずらせない。何度ずらそうとしても、ずらせなかった
彼らから2度目から何度も送られるあのお守りは、はっきりいって失敗作だろう。本来何度も使えるはずのものは、1度も発動しなかった。一体何を間違えたのか。僕には分からない。
ひとまずは、この祭りを楽しむとします。
フロイド
フロイド
あ、花火
ジェイド
ジェイド
おや、本当ですね
フロイド
フロイド
すっげーきれい。昔みんなでさ海上がってみたの。覚えてる?
ジェイド
ジェイド
当たり前です。覚えてないなんて言わせませんよ
綺麗。あの時の何倍も。彼らはまるで、初めて見るかのように語る。何度もこの光景を見ただろうに。
まあおおよそ、僕が彼らと同じとは思っていないんだろう。
でも、この花火が終われば、祭りも終わる。
それを2人もわかっているからか、少し悲しそうにも見える。そんな表情が、いつもより、ずっと綺麗だった。
整った顔にうっすらかかる花火でできた光と影。好きだけど、次は来年の祭りで見たいと思う。
花火より彼らを見てしまう自分は、彼らにどう写っているのだろう。少し気になってしまった。
無論、そんなことは聞かないが
ジェイド
ジェイド
アズール?どうかなさいました?
アズール
アズール
!いえ、なんでもありません。ただ海で見るものより何倍も綺麗だと思っただけです。
フロイド
フロイド
アズールさ、もっとほかのこと考えてたでしょ?
アズール
アズール
え?そんなわけないでしょう
ジェイド
ジェイド
((フロイド!!何を言っているんです。僕たちが気づいていることがバレるでしょう))
フロイド
フロイド
((別にいいじゃん。どちにしろ変わんねぇんだから。というかあのお守りどうすんの?この後渡すけどさ、原因わかってねぇじゃん))
ジェイド
ジェイド
((それならかけるしかないでしょう?とにかく今は、純粋に楽しみますよ))
フロイド
フロイド
((は〜い))
はあ、聞こえていることをわかって話しているんですかね。とにかく確信が着きました。彼らですらわかっていない。しかし、複製するのは嫌なんでしょう。今までの時間がありますから
……そんなこんなで最後の祭りが終わりました。この後、彼らからお守りを貰ったら解散。帰りは1人です。彼らが居ない方がいい。2度目からはずっとそうしていますから。
さあ、あの神社の下で、この世界最後の会話を
ジェイド
ジェイド
アズール。渡したいものがあります。
フロイド
フロイド
すぐそこの、神社まで来てくんない?
来ましたね
アズール
アズール
ええ。いいですが、なぜ?渡すだけならここでもいいでしょう?
フロイド
フロイド
そうなんだけど……
ジェイド
ジェイド
もうひとつ、話したいことがあるんです。この中で話す訳には行きませんから
アズール
アズール
そうですか。分かりました。
~神社~
ジェイド
ジェイド
アズール、まずこれを
アズール
アズール
これは?お守り、ですか?
ジェイド
ジェイド
ええ。
フロイド
フロイド
このあと出張行くんでしょ?オレら着いてっちゃダメなんだったらこんくらいしてもいいでしょ?
アズール
アズール
……クスありがとうございます。
ジェイド
ジェイド
飛行機に乗る際、必ず持っていてください。つむ荷物につけるなんてこと、しないでくださいね
アズール
アズール
?ええわかりました。
フロイド
フロイド
ちゃんと、無事で帰ってきてよ
アズール
アズール
もちろん。そんなに心配しなくとも、ちゃんと無事に帰りますよ
本当はわかってる。なぜそんなに心配するのか。僕があの便に乗って死んだからだ。
さて、そろそろ時間ですね。
アズール
アズール
そろそろ時間です。また明日会いましょう。
ジェイド
ジェイド
アズール!
アズール
アズール
ジェイド?
ジェイド
ジェイド
…約束、ですよ。ちゃんと、無事に帰ってきてください。
アズール
アズール
ええ。では
さあ、帰りです。明日はもう出なければ行けませんから。これが最後の休息
ここの道こんなに暗かったでしょうか?あの二人がいないだけで、こんなになっていてはダメですね。
でも、不安になってしまう。該当に照らされた影が自分のひとつしかないことに違和感を覚える他ない。
改めて感じさせられる。1人きりだと。大丈夫。お守りとして彼らはいる。自分を信じればいい
さあ、行きましょうか
-Leech said-
あーあ。渡せたからいいけど、やっぱ怖い。あれが効果を発揮するかどうかなんて賭けだし
そもそも、作ればいいじゃんってなるけど、最初のが1番気に入ってるから
どうしようにもないんだよね
完全にまた今度終わりへのカウントダウンを刻む
今日が滲んでいく。これが自分の涙なのか別の何かなのかは分からない。ただ、悔しい
アズールがこれで行かなくなるとは思えないから
フロイド
フロイド
泣いちゃダメ
ジェイド
ジェイド
泣いちゃいけない
でも、言いたい
2人
いかないで
フロイド
フロイド
まだ、その時じゃないから
ジェイド
ジェイド
泣いたらいけない
フロイド
フロイド
泣いたら負けの
ジェイド
ジェイド
小さな賭け事
その中でも、唱え続ける。呪いのように
2人
いかないで
裏の主人
裏の主人
はい。これにて「いかないで」、終了です!!このあともまだまだ続きますが、とりあえず歌詞を出します
裏の主人
裏の主人
その次は、深海少女かな
裏の主人
裏の主人
間のお話は短編集で!!ばいちゃ♪