無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

2人の想い(イート)
あなたside

彼と終わるなら早く終わらせたくて、冷めきった言葉で、突き放し続けた。だけど本当はその言葉を受け止めて、噛み砕いて欲しくて。でも叶わなくて、虚しくて。あの秘密だけが、今の私たちを繋いでる。もう、苦しいよ。





















ジェイドside

早く、今の状態を終わりにしたいですね。でも、どうして彼女が「早く終わりにしたい」なんて言ったのか分からないままですし。アズールに聞いても、きっと答えてくれないでしょう。あぁ虚しくなるばかりです。早く、早く、彼女を











































“食べてしまいたい”