第27話

結果(垂直落下)
36
2022/04/20 12:06
-??? said-
あぁ。まただ。またどこかで壊れた音がする。
だけど、その音はどこかまだキラキラしてて、完全に黒い色をしていない。
どこから聞こえるのだろうか。その音は海の底から。だけど同じ音が島から聞こえる。
この音は本当に同じもの?もしそうなら、一体どんなものが音を出しているのか気になる。
“世界の音を調和するものとして”











ああ。ようやく見つけた。あなた達だったのね。こんなことは予想外よ。
まさか、あなた達がそんな音を出すだなんて
ああ、もう今回はダメね。もう、少しで触れたらあなたたちは壊れてしまう
……いいえ。今回“も”ね
次は、きっと上手くやる。だからもう少しだけ頑張って。
-Leech's said-
ーどこか2人しか知らないような水辺
ジェイド
ジェイド
ねえフロイド
フロイド
フロイド
なぁに?ジェイド
ジェイド
ジェイド
今回もダメだったんでしょうか
フロイド
フロイド
……うん
ジェイド
ジェイド
……やっぱり、僕達、では、ダメなんでしょうか?
フロイド
フロイド
……
ジェイド
ジェイド
……僕達、では、アズールを、救えないんでしょうか?
フロイド
フロイド
……
ジェイド
ジェイド
フロイド
フロイド
フロイド
……
ジェイド
ジェイド
ねえ、フロイド、何か言って?
フロイド
フロイド
……
ジェイド
ジェイド
僕、また飛んじゃいますよ?
フロイド
フロイド
……
ジェイド
ジェイド
そうですか。
ジェイド
ジェイド
最期に。聞いてくれますか?
フロイド
フロイド
……さ
フロイド
フロイド
……。((-ω-。)(。-ω-))
ジェイド
ジェイド
僕たちの体のこと。あなたは気づいてるでしょうが、最期ですから。お願いします
フロイド
フロイド
うん。いいよ
ジェイド
ジェイド
ありがとうございます。
ジェイド
ジェイド
僕達が今使っている、時間を巻き戻す魔法。それから対象1人を守る魔法
ジェイド
ジェイド
これらは本来僕らのような学生には扱えないような魔法です。それを実現することが出来たのは、あなたのおかげです。
フロイド
フロイド
うん
ジェイド
ジェイド
ですが、やはり、代償は大きいもの。僕たちの体は、時を重ねる毎に、もろくなってきています。
ジェイド
ジェイド
あなたも、実感しているでしょう?最近やけに怪我をすることが多くなったと
フロイド
フロイド
……うん
ジェイド
ジェイド
それらは全て、魔法の副作用のせいです。
ジェイド
ジェイド
だから、仕方の無いこと。
ジェイド
ジェイド
ですが、僕はこれ以上この旅を続けられるような体はしていない。
ジェイド
ジェイド
なので、今回で終わりにしようかと思います。
フロイド
フロイド
……は?
フロイド
フロイド
何言ってんの?ジェイド
フロイド
フロイド
今までオレらで頑張ってきたじゃん!!
フロイド
フロイド
それを、なんで今更……
ジェイド
ジェイド
仕方の無いことでしょう?ですから、一緒に逝きませんか?
ジェイド
ジェイド
今日はその誘いをするために来たんです。
フロイド
フロイド
……いいよ。わかった。飛ぼう。ジェイド
ジェイド
ジェイド
ありがとうございます。フロイド
フロイド
フロイド
(ジェイド。オレはそんなことさせないから。ごめんね。また、戻すよ)
フロイド
フロイド
(彼女の声が聞こえるから)
ジェイド
ジェイド
フロイド、逝きますよ
フロイド
フロイド
うん。
ヒュン




















ああ。そう。このふたりはもういいのだろう。3人でいられないのなら、この世界に興味などない。それがもう1人の願いだとしても
そして、最後にフロイドが放った魔法。それは失敗に終わった。受け身となる体が脆くなったせいで、上手く発動しなかったのだ。
なら、その体はどうなったか?それは私にも分からない。でもきっとフロイドの体は粉々に砕けただろう。そしてジェイドはそれを察したために、害を受けた。
つまりは2人揃ってあの世行きとなったわけだ。
そういえば、残りの1人。アズールはと言うと







簡単だ。アズールは、双子が魔法を使ったことにより、時間を繰り返していた。しかし、その術者の2人がいなくなった。本当の意味で彼は死んだ。
この後は、どうなるのだろうか。いろいろなことが見えてくる。
また落ち着いた頃にでも話そうか。
それでは
裏の主人
裏の主人
てことで、垂直落下完結〜?
裏の主人
裏の主人
自分で書いててよくわかってないww
裏の主人
裏の主人
まあでも、いい感じなのでは?
裏の主人
裏の主人
それじゃ次は歌詞出すねぇ♪
裏の主人
裏の主人
ばいちゃ♪