無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

注文の多い料理店 1
1,128
2020/05/28 08:56
二人の若い紳士しんしが、すっかりイギリスの兵隊のかたちをして、ぴかぴかする鉄砲てっぽうをかついで、白熊しろくまのような犬を二ひきつれて、だいぶ山奥やまおくの、木の葉のかさかさしたとこを、こんなことをいながら、あるいておりました。
紳士
ぜんたい、ここらの山はしからんね。鳥もけものも一疋も居やがらん。なんでも構わないから、早くタンタアーンと、やって見たいもんだなあ。
紳士
鹿しかの黄いろな横っ腹なんぞに、二三発お見舞みまいもうしたら、ずいぶん痛快だろうねえ。くるくるまわって、それからどたっとたおれるだろうねえ。
それはだいぶの山奥でした。案内してきた専門の鉄砲打ちも、ちょっとまごついて、どこかへ行ってしまったくらいの山奥でした。
 それに、あんまり山が物凄ものすごいので、その白熊のような犬が、二疋いっしょにめまいを起こして、しばらくうなって、それからあわいて死んでしまいました。
紳士
じつにぼくは、二千四百円の損害だ
と一人の紳士が、その犬のぶたを、ちょっとかえしてみて言いました。
紳士
ぼくは二千八百円の損害だ。
と、もひとりが、くやしそうに、あたまをまげて言いました。
 はじめの紳士は、すこし顔いろを悪くして、じっと、もひとりの紳士の、顔つきを見ながら云いました。
紳士
ぼくはもうもどろうとおもう。
紳士
さあ、ぼくもちょうど寒くはなったし腹はいてきたし戻ろうとおもう。
紳士
そいじゃ、これで切りあげよう。なあに戻りに、昨日きのうの宿屋で、山鳥を拾円じゅうえんも買って帰ればいい。
紳士
うさぎもでていたねえ。そうすれば結局おんなじこった。では帰ろうじゃないか
ところがどうも困ったことは、どっちへ行けば戻れるのか、いっこうに見当がつかなくなっていました。
 風がどうといてきて、草はざわざわ、木の葉はかさかさ、木はごとんごとんと鳴りました。
紳士
どうも腹が空いた。さっきから横っ腹が痛くてたまらないんだ。
紳士
ぼくもそうだ。もうあんまりあるきたくないな。
紳士
あるきたくないよ。ああ困ったなあ、何かたべたいなあ。
紳士
べたいもんだなあ
二人の紳士は、ざわざわ鳴るすすきの中で、こんなことを云いました。
 その時ふとうしろを見ますと、立派な一軒いっけんの西洋造りの家がありました。
 そして玄関げんかんには

RESTAURANT
西洋料理店
WILDCAT HOUSE
山猫軒

という札がでていました。