無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

注文の多い料理店 4
252
2020/05/28 08:57
紳士
クリームをぬれというのはどういうんだ。
紳士
これはね、外がひじょうに寒いだろう。へやのなかがあんまり暖いとひびがきれるから、その予防なんだ。どうも奥には、よほどえらいひとがきている。こんなとこで、案外ぼくらは、貴族とちかづきになるかも知れないよ。
二人は壺のクリームを、顔に塗って手に塗ってそれから靴下をぬいで足に塗りました。それでもまだ残っていましたから、それは二人ともめいめいこっそり顔へ塗るふりをしながら喰べました。
 それから大急ぎで扉をあけますと、その裏側には、

「クリームをよく塗りましたか、耳にもよく塗りましたか、」

と書いてあって、ちいさなクリームの壺がここにも置いてありました。
紳士
そうそう、ぼくは耳には塗らなかった。あぶなく耳にひびを切らすとこだった。ここの主人はじつに用意周到しゅうとうだね。
紳士
ああ、細かいとこまでよく気がつくよ。ところでぼくは早く何か喰べたいんだが、どうも斯うどこまでも廊下じゃ仕方ないね。
するとすぐその前に次の戸がありました。

「料理はもうすぐできます。
 十五分とお待たせはいたしません。
 すぐたべられます。
 早くあなたの頭に瓶びんの中の香水をよく振ふりかけてください。」

 そして戸の前には金ピカの香水の瓶が置いてありました。
 二人はその香水を、頭へぱちゃぱちゃ振りかけました。
 ところがその香水は、どうものようなにおいがするのでした。
紳士
この香水はへんに酢くさい。どうしたんだろう。
紳士
まちがえたんだ。下女が風邪かぜでも引いてまちがえて入れたんだ。
  二人は扉をあけて中にはいりました。
 扉の裏側には、大きな字で斯う書いてありました。

「いろいろ注文が多くてうるさかったでしょう。お気の毒でした。
 もうこれだけです。どうかからだ中に、壺の中の塩をたくさん
 よくもみ込んでください。」

 なるほど立派な青い瀬戸の塩壺は置いてありましたが、こんどというこんどは二人ともぎょっとしてお互にクリームをたくさん塗った顔を見合せました。
紳士
どうもおかしいぜ。
紳士
ぼくもおかしいとおもう。
紳士
沢山たくさんの注文というのは、向うがこっちへ注文してるんだよ。
紳士
だからさ、西洋料理店というのは、ぼくの考えるところでは、西洋料理を、来た人にたべさせるのではなくて、来た人を西洋料理にして、食べてやるうちとこういうことなんだ。これは、その、つ、つ、つ、つまり、ぼ、ぼ、ぼくらが……。
がたがたがたがた、ふるえだしてもうものが言えませんでした。