無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

これから人を殺します_____。
おやすみなさい______


































目を覚まし、時計を見ると、もう12時30分だった。
結構寝たなぁ〜…
私は声や音をなるべく出さないよう気をつけ、人を殺す凶器の準備などをした。
準備が終わり、時計を見ると、もう12時50分となっている。
私はそろそろ行った方がいいかな?と思い、部屋を出た。
コンピュータ室へ向かう途中、足が震える。
凶器をもってあるいたことがないから、それもあると思う。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
コンピュータ室前に着くと、既に相方は来ていた。
相方はヒソヒソと、私へ言った。
相川 連
相川 連
人狼、頑張りましょうね……
私はコクリと頷いた。
足の震えが止まらない。
怖い、怖い、怖いよっ…………
すると、私の目から涙が出てきてしまった。
ダメなのに、ダメなのに…。。
相川 連
相川 連
先輩?もしかして…泣いてますか?
杉下 美春
杉下 美春
…っ、ごめ、ごめん…
杉下 美春
杉下 美春
なんでもないから……グスン
相川 連
相川 連
泣いてるじゃないですか……
相川 連
相川 連
ほら、大丈夫ですよ
相方の蓮くんは、そう言って私の頭を撫でてくれた。
相川 連
相川 連
僕がついてますから…ね?
蓮くんの手は暖かく、なんだか安心する。
杉下 美春
杉下 美春
うん…!
気づけば私はそう答えていた。
相方が蓮くんでよかったな____。
相川 連
相川 連
じゃあ、誰を殺すかなんですけど、どうしますか?
杉下 美春
杉下 美春
う、うーん……
杉下 美春
杉下 美春
なるべく仲のいい子は殺したくないんだよなぁ……。
杉下 美春
杉下 美春
だからといってあのカップルも殺したくないし…
杉下 美春
杉下 美春
淳が死んだら私の友達も悲しみそうだし…
相川 連
相川 連
それに咲夜さんは…明日の処刑先に出来そうですもんね…わるいけど…。
杉下 美春
杉下 美春
うん……
相川 連
相川 連
じゃあ、残るは…
杉下 美春
杉下 美春
由紀…さん?
相川 連
相川 連
しかいないよね……。
相川 連
相川 連
抵抗もしなさそうだし…
杉下 美春
杉下 美春
うん……っ
杉下 美春
杉下 美春
やだな、殺したくない……
相川 連
相川 連
……
相川 連
相川 連
先輩、生きるためです…。。
相川 連
相川 連
頑張りましょう…(ギュッ)
蓮くんは、そう言って私の手を握ってくれた。
蓮くんの手は、魔法の手みたい……
触れられているだけで、すごく安心する…
杉下 美春
杉下 美春
(ドキッ)
あれっ!?今のドキって何!?ドキって……
な、なんもない…よね?
相川 連
相川 連
先輩?どうしました?
杉下 美春
杉下 美春
あ、いや、なんでもない…よっ!
杉下 美春
杉下 美春
行こっか!
相川 連
相川 連
……そうですね!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
杉下 美春
杉下 美春
……ここだね、、
相川 連
相川 連
ですね…
杉下 美春
杉下 美春
……っ、頑張ろうね
相川 連
相川 連
はい……
「「「ガチャっ」」」
2人は由紀の部屋のドアを開けた。
そーっと中へ入る。
すると、由紀はそれに気づき、大粒の涙を流した。
穂波 由紀
穂波 由紀
……そっか、私死ぬんだね…
穂波 由紀
穂波 由紀
……しょうがないよね
穂波 由紀
穂波 由紀
人狼さんも、人を殺すなんてしたくないもんね
穂波 由紀
穂波 由紀
これも、生きるためなんだもんね
杉下 美春
杉下 美春
……ごめんなさい由紀さん、、
杉下 美春
杉下 美春
……っ絶対に、人狼陣営が勝って皆さんを生き返らせられるようお願いします!!
気づけばそう口走っていた。
穂波 由紀
穂波 由紀
…ならさ、協力するよ。
…え?
穂波 由紀
穂波 由紀
私、占い師なんだ。だから、人狼陣営の中で誰か一人占い師で出て。絶対に被らないから。
穂波 由紀
穂波 由紀
狂人が出たとしても、大丈夫
穂波 由紀
穂波 由紀
占い師と狂人って周りは思うはずだから、きっとつられないと思うよ。
相川 連
相川 連
……なんで教えてくれたんですか?
穂波 由紀
穂波 由紀
美春ちゃんの真剣な眼差しを見たら、協力したくなったの。市民陣営には申し訳ないけどね。
穂波 由紀
穂波 由紀
それにね、
穂波 由紀
穂波 由紀
2人は私にとって特別な存在だから。
相川 連
相川 連
え?
穂波 由紀
穂波 由紀
蓮くんはさ、いつも部活で周りの人に優しくしてるでしょ?だから私もそんなふうになりたいなって思ってたし、
穂波 由紀
穂波 由紀
美春ちゃんはいつも周りのことを考えて行動してた。これをしたら○○は喜ぶかなーとかね。そういう所真似したいなって思ってたの。
穂波 由紀
穂波 由紀
2人は私の憧れだった。そして大切な存在だった。
穂波 由紀
穂波 由紀
2人の役に立つならそれていいわ。それに、私、2人のこと信じてるから。
杉下 美春
杉下 美春
……由紀先輩、、
杉下 美春
杉下 美春
うわああああん…絶対に勝ちます……っ
穂波 由紀
穂波 由紀
うん、それでいい!
穂波 由紀
穂波 由紀
じゃー、私のことを…殺して。
杉下 美春
杉下 美春
……っ
穂波 由紀
穂波 由紀
大丈夫よ、だって2人が生き返らせてくれるんでしょ?
穂波 由紀
穂波 由紀
ね?
穂波 由紀
穂波 由紀
2人が勝ったら、また会おうね
杉下 美春
杉下 美春
……はい、、
杉下 美春
杉下 美春
先輩、ありがとうございました_。
「「「グサッ」」」
ブシャアアア
先輩の血がタラタラとたれる。
相川 連
相川 連
……っ
杉下 美春
杉下 美春
人狼なんて、なりたくなかった……
相川 連
相川 連
先輩……
相川 連
相川 連
でも
相川 連
相川 連
なってしまったものはしょうがないですよ、絶対勝ちましょ?由紀先輩のためにも
杉下 美春
杉下 美春
……そうだね、絶対勝とう
相川 連
相川 連
占い師は、先輩が出てください。
杉下 美春
杉下 美春
え?
相川 連
相川 連
占い師の方が吊られないじゃないですか!
相川 連
相川 連
だからです
杉下 美春
杉下 美春
……連、そんなになんで私の事___
相川 連
相川 連
僕も…先輩に憧れていたから…ですよ
杉下 美春
杉下 美春
え?
相川 連
相川 連
……やっぱなんでもないです!
相川 連
相川 連
こ、ここにいてもあれですし、そろそろ部屋戻りましょ!
杉下 美春
杉下 美春
そ、そうだね……
相川 連
相川 連
先輩、おやすみなさい!
杉下 美春
杉下 美春
連、おやすみ!
そう言って私達は、自分たちの部屋へ戻って行った。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
杉下 美春
杉下 美春
こんちには!こんばんは!作者のきらです!
作者  🎵きら🎵
作者 🎵きら🎵
こんにちは!こんばんは!作者のきらです!
杉下 美春
杉下 美春
「ジンロウゲーム」、本編第9話、気に入っていただけたでしょうか?
作者  🎵きら🎵
作者 🎵きら🎵
「ジンロウゲーム」本編第9話、見ていただきありがとうございます!気に入っていただけたでしょうか?
作者  🎵きら🎵
作者 🎵きら🎵
とうとう人狼ゲームが始まりましたね!
杉下 美春
杉下 美春
とうとう始まりましたね、人狼ゲーム!
杉下 美春
杉下 美春
もっと激しくしたかったのですが…なんかホンワカした感じになってしまいました苦笑
作者  🎵きら🎵
作者 🎵きら🎵
もっと激しくて怖い感じの人狼ゲームにするつもりだったのですが、なんか感動系(?)になってしまいすみません💦💦
杉下 美春
杉下 美春
激しい人狼ゲームを期待していた皆さんすみません💦💦
作者  🎵きら🎵
作者 🎵きら🎵
激しくて怖い人狼ゲームを期待していた方、本当に申し訳ないm(*_ _)m
作者  🎵きら🎵
作者 🎵きら🎵
こんな人狼ゲームですが、これからも見てくれると嬉しいです!
杉下 美春
杉下 美春
こんな人狼ゲームですが、これからも見ていただけると嬉しいです!
作者  🎵きら🎵
作者 🎵きら🎵
よろしくお願いします!
杉下 美春
杉下 美春
では、また次の話で会いましょう!
作者  🎵きら🎵
作者 🎵きら🎵
では、また次の話で会いましょう!
杉下 美春
杉下 美春
さよならー!
作者  🎵きら🎵
作者 🎵きら🎵
さよならー!