無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

18話


そして当日








私はもともと行くつもりだった




夏油と五条がいるとはいえ
多分その人数じゃきつい


私が行ったところで勝率は変わんない




行くしかない









久しぶりに高専の制服をきた







行くともう始まっていた






何体もの呪霊を従えている









今硝子に向けて呪霊が攻撃しようとしている




五条と夏油も目の前の呪霊でいっぱいいっぱいだ


みなみも同様







私は硝子の前に立ちはだかり
呪霊の腕を切り落とす







硝子は驚いた顔をしている











東雲  普
東雲 普
後ろに下がってて!!
呪霊の足や手を負傷させ
トドメをさそうとした時
呪詛師が私に話しかけてきた
呪詛師
呪詛師
やぁ東雲普だね
そいつにトドメをさす前にきいてくれ
呪詛師
呪詛師
君は彼らに裏切られたんだろう
呪詛師
呪詛師
いじめたなんて嘘をつかれて
罪を被ってその挙句助けに来るなんてなんて優しい
五条悟
五条悟
は?
夏油傑
夏油傑
家入硝子
家入硝子
どういうこと?
呪詛師
呪詛師
その馬鹿な友達を一緒に殺そうではないか




NEXT

呪詛師からの誘いどうなる?