無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

17話
コンビニでいつもの通り
買い物をしていた





そしたら高専の生徒の制服が目に入った





4人セットでいる








どうやら私の運は回らないらしい







話しかけてきた








高専に特級呪詛師から果たし状が来たとか何とか


それで戦力になって欲しいらしい






この長い間、ずっと放ったらかしにしてたくせに今頃人数が足りないからって呼ぶその都合の良さに私は苛立っていた




そして私は言う


南も困るんじゃない?と
敢えてみんなの怒りに触れそうなことを言う




悪役はもう嫌だ




でもこうでも言わないとしつこく来るだろう




そんなことを思ってた





じゃあねと言ってその場から離れる







誰もおってこなかった





きっと怒ったとおもう






なぜだかわかんないけど
目の奥が熱くなっていた