無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

11話
京都校の2年の女子が南が誰かに抱えられて行く姿を見たと言った
京都校2年女子
京都校2年女子
そうなんです!
私が混乱してる時ふとそこの女の子を抱えて行く黒いフードの女の子?を見ました
五条悟
五条悟
女?
黒いフード以外になんか特徴なかったか?
京都校2年女子
京都校2年女子
一瞬だったので分かりませんが黒いフードから
ピンク色の髪が見えたような気がします
ピンク?…



夏油傑
夏油傑
ピンク色の髪…

短かったかい?
京都校2年女子
京都校2年女子
はい…長くはなかったです
家入硝子
家入硝子
それって…
五条悟
五条悟
夏油傑
夏油傑
東雲普じゃないか?
呪詛師
呪詛師
東雲ってあの東雲普か?
京都校2年女子
京都校2年女子
普さんって
私たちの代で五条さんに並ぶっていう?
月城 南
月城 南
、、、、そんなわけないじゃん
夏油傑
夏油傑
五条悟
五条悟
京都校2年
京都校2年
でも東京校にいたと思ってたのに
どうしたんだあいつ?
夏油傑
夏油傑
南に嫌がらせしてたみたいなんだ
それで普も認めて今は学校に来てない
京都校2年女子
京都校2年女子
大丈夫ですか?
南さん…
月城 南
月城 南
うん…もう来てないし
けどもう来てくれてもいいのにな
京都校2年女子
京都校2年女子
優しいですね
南さん
家入硝子
家入硝子
南は優しいんだよ
京都校2年
京都校2年
ふーん
前あった時はそんなくだらないことするやつだと思わなかったのにな
京都校2年女子
京都校2年女子
ちょっと!!
月城 南
月城 南
私が嘘ついてるって思うの?
南の目が潤む









何がホントなんだ








でも髪の短いピンク






普に間違いない







そしてあそこまでのことが出来る術師
は普しかいない




また普の笑ってるところがみたい








そう思った