第102話

🥀
11,045
2020/05/11 17:26

_________




段々 近づいてくる ご主人様 。







 you
you
 ご、ご主人様 っ ……


思わず後ずさるけど後ろは壁 。







気がつけば ご主人様の顔が目の前にあった 。


















  Taehyung
Taehyung
 …… 何その顔。
  Taehyung
Taehyung
 反則 ……


ゆっくりと顔を近づけてくる ご主人様 。



思わず目を閉じたその時 ____








プルルルルル






ご主人様の携帯がなった 。




  Taehyung
Taehyung
 ……もしもし

ご主人様は 不機嫌そうに電話に出る 。






  Taehyung
Taehyung
 ……あぁ。わかった。すぐ戻る

ご主人様は電話を切った 。




  Taehyung
Taehyung
 悪いが急いでかえらなきゃいけなくなった。
 you
you
 そうですか、、すぐに支度します


ご主人様と 私は 急いで荷物をまとめて別荘を後にした 。










さっき ……電話がならなかったら ??





ふとそんなことを考える 。






  Taehyung
Taehyung
 おい 。
 you
you
 は、はい 
  Taehyung
Taehyung
 屋敷帰ったら … ちゃんとさせろ。
 you
you
 っ ……
  Taehyung
Taehyung
 命令だぞ 。
 you
you
 ……か、かしこまりました ……


ご主人様の 言葉で 心臓がドキドキしながら 屋敷に戻った 。






プリ小説オーディオドラマ