無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

平凡な日常は













.



























初音「まさか、知り合いだとはね...」



長尾「大吾、なんかイケ化してん??」



道枝「いつから知り合いなん??」



『質問まとめてくれん??』



西畑「お前ら仲良くなるん早ない???」←













































私と大吾は幼稚園の時の幼なじみ



小学校は2年生まで一緒だったけど



私が転校しちゃって...



そこからバラバラになっちゃったんだけど、



まさか再会できるとは思わんかったな笑

























































『んで、今に至るわけ』



初音「は、なにそれ少女漫画か」



道枝「えーなぁ、その後付き合って
ラブラブちゅっちゅっするやつやん」



長尾「...え」



西畑「死んでもせぇへん」



『ふざけんな』←殴った



西畑「っだ?!?!
この怪力女!!」



『うっせぇ!ゴリラ!!!!』



長尾「あー、ラブラブちゅっちゅっするやつやん」



初音「後で殺されるからやめとき」










































































大吾と...?私が...?



付き合う...?????



笑かすな笑かすな!!←



だって私、そもそも恋したことないし



...あ、そうなんです



私、恋したことないんです






















































初音「ねー、西畑くん」



西畑「お、俺??はい、笑」



初音「ちょっとあとでお話いいかな?」



『きゃーいちかこわーい』



道枝「彼氏持ちやろお前!!!!!」



長尾「二股はあかんで!!???!」



初音「バカ、二股なんかしないっつの。する気ないし。
ただ話がしたいだけ」



西畑「...まぁ、いいっすけど」



『大吾、なんかされたら叫ぶんだよ』



初音「私ってなんだと思われてるん?」