無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

25
2021/07/31

第2話

はっぴーばーすでー~小瀧望~
『はっぴーばーすでーとゅーゆー

はっぴーばーすでーとゅーゆー

はっぴーばーすでーでぃあのぞむー

はっぴーばーすでーとゅーゆー』
そうです!うちの彼氏の望の誕生日なんです!






「ふーーーー」


『おめでとう!!!!』






「ありがとう!!!」







『望歳とる早いなぁ』







「ゆうて、1ヶ月しか変わらんやん!」






『1ヶ月は大きな差ですーー』






「変わりませんーーー」







『なぁ、のぞむー?』






「んー?」





『望はさ、なんでうちなん?』






「なんでって、好きやから?」






『疑問形なんぶっ殺す』





「ごめんごめん笑なんでって言われてもなぁ」






『はぁ、、、、、』







「好きなもんは好きやしー」






『ふーん』






「なんや、不安なんか?」






『最近望テレビに出ることめちゃ増えたやろ?なんか遠なった気がして、、』








「不安にさせてたんやったらごめん。あなたのことしか見えてないよ」






『ほんま?』




「おん」






『ごめんなぁ、変な事聞いて』





「そんなことないで?」





ギュッ





『望甘えた?』






「いや、可愛いなぁおもて」






『あっそ!』





「ほらー、はよケーキ食べよーや!」





『とりあえずどいてくれる?』






「このままでいいの!」






『食べにくいやん!』






「食べさしてあげるから!」






『はいはい』












この後2人で仲良くケーキ食べました