無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

878
2019/08/13

第2話

再会?
次の日。

藤川「おっはよーー。」

冴島「おはようございます。」

緋山「おはよう。って藤川、朝からテンション高すぎない?うるさい。」

冴島「すみません……。」

緋山「なんで冴島が謝るわけ?」

藤川「わりい。」

冴島「では、私は仕事に。」

白石「うん。…で、なんで藤川先生はそんなにテンション高いの?」

藤川「だって、今日から可愛い妹が研修医で来るから。」

藍沢「藤川、妹いたのか?」

藤川「なんだよ、藍沢。妹いちゃいけないのかよ。」

藍沢「いや……。」

藤川「ところで藍沢って下いるのか?」

緋山「そういえば、気になる。」

白石「え?藍沢先生、一人っ子じゃないの?」

藍沢「妹が1人いるが……。」

藤川「え?妹いたんだ。」

白石「なんか以外。」

緋山「白石も藤川も酷くない?でも妹いるとは思わなかったわ。」

藍沢「そうか?」

藤川「で、何歳?」

藍沢「同い年だ。」

藤川「え?」

藍沢「だから、お前の妹と同級生だ。」

藤川「そうなのか?」

藍沢「ああ。」

緋山「そうなの?」

白石「偶然?なのかな?」

冴島「あの、研修医の方来てますけど…。」

そこで5人は驚く。

白石「え……」

緋山「そんなことある?」

藤川「紫陽花と……」

藍沢「向日葵が……」

冴島「どう見ても似すぎですよね……」







そして紫陽花と向日葵もお互いの顔を見て驚いている。
こうして二人の1日が始まったのである。