プリ小説

第12話

11
.






目を開けると白い天井。
ここは…

私は体を起き上がらせる。
すると

👼 あ、おはよ
🌹 わっ


えっと…あ、3年のジョンハンさん。
確かお父さんが病院の院長、お母さんが副院長で時期院長の…。


👼 君、あなただっけ?花壇の前でぶっ倒れたんだけど覚えてる?
🌹 え、あ…押されて頭打って…

👼 そうなんだ、でも、頭打っただけじゃぶっ倒れないよ。
🌹 え?


👼 …病気でしょ、治療法が無い。


🌹 え…。
ばれた。

治療法がない病気って。

だし、倒れたのはそれが理由…?

👼 その病気は確か他国に行かないと確か治療法が無い、俺らは今その病気を調べるけど、何も見つかんない。

👼 とにかく、今は安静にしとけ。
ジョンハンさん、さすが院長の息子って感じ。

🌹 あ、ありがとうございます…
👼 ん、ほら寝てろよ。

そう言われたから私は寝た。


あー…また、心配させちゃう、な。










シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

虎猫 🚀💫
虎猫 🚀💫
万端とせぶち書いてる人。 今は受験勉強中だから投稿しない。 Fan mark 🐯🐱🌷 Fan name ネコ科 ゆなとおすし同盟🍣組んだよ。 💣てぎ 💎うぉぬじゅんはにそく 🍤じそん 🍭だひょんもも ☯️じすりさ れどべる いぇり EXID へりん TXTは今のところぼむぎゅとヨンジュン